2007-10

CS90 其の七

まずは各部のお掃除から、
ヘッドに溜まっているカーボンを落します。
カップブラシをドリルに取り付けて、
IMG_1341.jpg
大方のカーボンを落します。
(カップブラシを使う時は、シートを傷付けない様にバルブは付けておきます)
で、ブラシでは取りきれないカーボンは、小さい-ドライバーで地道にコリコリ削り取ります。
IMG_1345.jpg
ヘッドのチェーンラインにもこんな傷跡が・・・
IMG_1344.jpg


バルブもチェックします。
IMG_1342.jpg
卓上ボール盤に銜えさせて、サンドペーパーでカーボンを落します。
IMG_1346.jpg
う~ん、再利用できない事も無いのですが、
ちょっとシートに当る部分がエグレていますね。
ここは万全を期して交換をしましょう。

シリンダーをチェックします。
IMG_1343.jpg
この画像で解りますかねぇ、
ちょっと縦傷が有るのが解りますか?
こんな傷が有った割には、そんなにOIL上がりしていなかった様な。
IMG_1347.jpg
各クリアランスを測ってみましょう。

ピストン/シリンダー クリアランス
  0.08mm


リングギャップ 1st
  0.3mm


リングギャップ 2nd
  0.5mm 以上


リングギャップ OIL
  0.8mm 以上


正規のクリアランスが何mmなのかは解りませんが、
ちょっと大きいですね。
まぁ、初めからやる予定でしたが、
オーバーサイズのピストンを用意しましょう。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の六

エンジンノイズの原因の一つは、カムチェーンの伸びだと思うのですが、
一応確認しておきましょう。

エンジン左側のケースカバーを外します。
IMG_1335.jpg
すると、こんな感じなのですが、
このローターの裏側にカムチェーンが通っています。

IMG_1336.jpg
コレがカムチェーンテンショナーです。
スプリングの力で押し上げています。
この押し上げられている物がグルッと円を描いていて、
IMG_1337.jpg
この滑車のような物に繋がっています。
その滑車がカムチェーンを上から押さえる事によって、
テンションをかけているんです。

このエンジンは、もう限界以上にチェーンが伸びてしまったので、
IMG_1338.jpg
バタついて要らん所を削っちゃってます。
(解ります?元々プラスのネジだった所が、半分以上頭削られてますよね)
IMG_1339.jpg
上の画像と比べると、どれだけ伸びているかが解ると思います。


確認も済んだので、腰上を分解していきます。
IMG_1340.jpg
はい、分解終了。
ヘッドも分解して、測定、点検をしていきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

スッキリです。

何日か前の事なのですが、
ウチの前のイチョウの木がスッキリしました。
IMG_1361.jpg
これで去年の様に、銀杏の臭い落葉に悩まされる事も無くなりました。
きっと何年かに一回、市の方でこうやってくれるのでしょうが、
ちゃんと毎年管理してくれよ!
って思いますね。

去年なんかホントに何もしてくれませんでしたからね。
自腹でゴミ袋を買って、落葉や銀杏捨ててましたから。
管理出来ないのなら、バッサリいっちゃって欲しいモンです。

コレでしばらくは、ウチの店も見て貰えるかな?

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

CS90 其の伍

で、お客さんに現状を見てもらった所、
「エンジンの腰上をオーバーホールする」
という事になりました。

「予想以上にお金がかかっちゃうね。」
と言っていましたが、仕方がありません。
エンジンがかからない車両を、個人売買で買ってしまったのですから、
これ位は覚悟しておいて貰わないと。

話は決まったので、サッサと作業に取り掛かりましょう。
IMG_1330.jpg
折角取り付けたんですが、キャブとマフラーを外して、
OILを抜いてしまいましょう。
腰上だけなので、OILを抜く必要は無いのですが、
一体どんなOILが入っているか不明なので・・・
IMG_1332.jpg

IMG_1331.jpg
なんだか、やけにユルイOILの様な?

いっその事エンジンを降ろしてしまいたいのですが、
場所が余計に必要になってしまうので、乗せたまま作業します。
IMG_1332.jpg

ところがコイツの場合、エンジンを降ろす寸前までやらないといけないんですよ。
IMG_1333.jpg
何故かと言うと、ポイントに繋がっている配線が、フレームの中で繋がっていて、
IMG_1334.jpg
  (この中で繋がってます)
こいつを外さないと、シリンダーが外れないんです。

ほんと、場所があれば降ろしてしまうんですがねぇ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の四

ガソリンタンクが
IMG_1325.jpg
こんな状態なので、他の所からガソリンを供給してエンジンをかけます。

不安要素が1つ、
引き上げに行った時に気付いた所なんですが、
IMG_1306.jpg
このインマニの取り付け部分、
何でボルトが緩んでいるのかと思ったら・・・・ねじ山ナメテル・・・とりあえず、
このままでエンジンがかかるかやってみましょう。


チョークを引いて、アクセル全閉、
        キック!
       ポスポス・・・・
ちょっとアクセルを開けて、
        キック!!
     ボロロロン・・ボロンボロン

OK、OK。
簡単にエンジンかかりますし、止まる気配もありません。
しかし・・・・・・ジャラジャラガチャガチャ
エンジンノイズが大きいですね。
これは絶対エンジンをやらないとダメですね。

とはいえ、
お客さんから言われているのはココまでなので、
この現状を見て貰って、それから判断を仰ぎましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の参

いつもの事ですが、外せる物は外してキャブクリーナーに浸けておきます。
ジェットはちゃんとリーマーで掃除して、
      IMG_1315.jpg
意外な事に、フロートバルブはまだ使えそうでした。
問題はコレ!
IMG_1309.jpg
フロートがパンクしてるんですよね、
オーナーさんが自分で穴を塞いだらしいのですが、
フロートを振るとチャプチャプしています。

でも、明らかに穴が開いている訳ではないんですよね、
フロートを縦にしても、横にしても、斜めにしても、中のガソリンは一滴も出てこないんですよ。
一体何処から侵入しているんでしょうか?
お客さんが穴を塞いだ時に、ちゃんと中に入ったガソリンを抜かなかったのか?
とも思いましたが、お客さんは「しっかりと抜いた」と言っていたし、
あんなに入っていたら、まずそのままにはしないでしょう。

性質悪いなぁ・・・・・
何処を修理したらエエんやろ???


これはもう交換した方が早いでしょうね、
純正部品はもう無いでしょうから、
何か流用できる物が無いか探してみましょう。
こんな時は、ベテランの知恵を借りましょう。
という事で、この道40年の「シミズサイクル」さんに相談です。


流石はベテラン、
IMG_1314.jpg
CS90の物ではないのですが、似ている物が有りました。
合わせてみるとドンピシャ!

とりあえずコレを組んでエンジンかけてみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の弐

まずは、こいつもバッテリー点火なのでバッテリーを充電しましょう。
バッテリーを外していると・・・端子がもげました。
IMG_1303.jpg
こんな触っただけでもげるなんて、エンジンがかからない原因ってコレちゃうの?
新しい端子を付けておきましょう。
IMG_1305.jpg


バッテリーの充電が終わったので、一応現状でエンジンがかかるのか確認しましょう。
チョークを引いて、コックをON、
IGスイッチをONにして、数回キック、
ポロロ、ポロロロ・・・
なんかかかりそうですねぇ。
ちょいとアクセルを開けてキック、
ボロロロロン・・ボロロロロン・・
おお、結構簡単にかかるじゃないですか。
でも、アクセル戻すと止まりそう。
チョークを戻すと・・止まっちゃいました。

もう一度やっても結果は同じでした。
という事は・・・スローが詰まっているのでは?
早速キャブを開けてみましょう。

フロートチャンバーを開けると、
   IMG_1308.jpg
     IMG_1312.jpg
何でこんな腐ってるの?
ジェットもこんな状態
IMG_1313.jpg
もちろんスローはガッチリ詰まっています。
たしか、何処ぞのバイク屋さんでキャブのオーバーホールはしてもらったって言ってたよなぁ?
やってもらってから結構時間が経っているのでしょうか?

まぁ、こちらがやる事は変わりがないので、オーバーホールに取り掛かりましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の壱

更新していないウチのホームページを見たお客さんから、
CS90の修理依頼がありました。
        IMG_1300.jpg
                 IMG_1301.jpg
赤いCS90もなかなかイイですねぇ。

どんな情況かというと、
何処ぞのマニアから買ったはいいけど、自分なりにキャブをやったがエンジンかからず。
近くのバイク屋さんに頼むも、まともに走れる状態ではなく、エンジンのかかりも非常に悪い!
そこでインターネットを使い調べていた所、ありがたい事にウチに当ったようで・・・

ま、こんな所です。
他のバイク屋さんでやってもダメならば、ウチでもダメかもしれませんが、
折角お声をかけてもらったので、何とかしたいですねぇ。
出来る限りがんばってみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

効率向上+集客UP?

最近かかりっきりな事が有ります。
それは・・・・


店内の整理と快適な作業環境の確保!!
狭い我が店ではなかなかに難しい問題です。

事の発端は、安い中古の作業台を見つけた所からです。
今までは、普通の事務机を作業台として使っていたのですが、
やる事が増えるにしたがって、だんだん手狭になってきたのです。

そこに現れた¥4500の作業台、
今までの1.7倍の長さがあって、なかなか使い易そうです。
問題は置き場所・・・・・

置き場所を確保する為に、全体のレイアウトを変更しなければなりません。
結果、
IMG_1299.jpg
部品達を壁際に追いやって、真ん中に作業台を置く事にしました。
これで作業効率が上がるかな?


あともう一つ、
新しい看板の設置。

以前から何かやろうとは思っていたのですが、
丁度良い所に、電光掲示板のモニターを探している業者さんが来たもんで、
思い切って頼んでしまいました。
月々のリース代を払うのはキビシイですが、先行投資です。
これでお客さんが一人でも多く来てくれる事を祈りましょう。
設置自体は業者さんがやってくれるので、
流れる内容を考えましょう。

・・・・・で、出来上がりました。
IMG_1304.jpg
果たしてこれがと出るか、と出るか。

テーマ:どうでも良い話 - ジャンル:日記

MT125 エルシノア 其の伍

フレームを綺麗にしましょう。
とは言っても、やはりハケ塗りですが・・・

まずはエンジンを降ろして、
バッテリーケース、OILタンク、Rフェンダーを外します。
2stの125ccなんて、エンジンを降ろすの簡単ですね
(腰に負担が掛からなくて良いです)
IMG_1057.jpg
外に出して、取りあえずは水洗い。
IMG_1058.jpg


水分を飛ばしてから、
サンドペーパーをかけていきます。
IMG_1060.jpg
          IMG_1062.jpg
今同時進行しているTX750よりは全然マシですね。
軽くでOKでしょう。

IMG_1064.jpg
シンナーで脱脂をして、塗料を作りましょう。
艶消しにするか、艶有りにするか迷ったんですが、
艶消し剤の配合が面倒なので、艶有りでいきましょう。
   IMG_1066.jpg
      IMG_1069.jpg
           IMG_1070.jpg

やっぱり見栄えが違ってきますよね!
小物も塗っていきましょう。
IMG_1067.jpg
OILタンク、エアクリーナーケース、アンダーガード、ハケでも結構上手く塗れるモンです。
まぁ、多少タレますが・・・気にしない♪気にしない♪

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

DUCATI M900 

またも似合わない車両をやっていますが・・・
DUCAのモンスター900です。

IMG_1092.jpg

DUCAは余り詳しくないので、(というか、現行車は良く解りません・・・)
細かい事は解りませんが、10年位前の車両のようです。

付き合いはこの店を始めたばかりの頃で、
「数年乗っていないので、車検を取って乗れるようにして欲しい」
との事で始めは入庫したんですが、
イタリア車を屋外放置している物だから、
タンク内はサビサビ
フューエルラインにはいろんな物が詰りまくり、
キャブは腐り、
オマケにエンジン番号が車検証と違うなんて事があり、
非常に思い出深い車両なんです。

それが今度はどうしたのかというと、
「3ヶ月くらい乗らなかったら、エンジンがかからなくなった。」
だそうで・・・まぁ、忙しいオーナーさんなので、何時かこうなるとは思っていたんですがねぇ。

とりあえず、バッテリーをジャンプさせてみましたが、
スイッチの接触が悪いのか?セルが回らなかったり回ったり。
セルが回ってもエンジンかからず。

バッテリーは充電にかけて、
キャブのガソリンを抜いてみましょうかね、
ゴミが溜まっていたり、水が入っていたり、ガソリンが古かったり、
それならばこれだけで解決しちゃったりして・・・
IMG_1093.jpg
ゴミや水は入ってなさそうですが、ちょっと腐り気味!?

バッテリーをほぼ一日充電して、
さぁ、エンジンをかけてみましょう。
カチ、カチ?
セルボタンを押しても、なかなかモーターが回りませんねぇ。
キョンキョンキョンッ!
おっ、やっと回りました。
ドカン!ドカドカドカ!!
シャラシャラシャラ!!
見事にエンジンがかかりましたよ。
それにしても、相変わらずこのコはうるさい!
テルミニョーニのサイレンサーに乾式クラッチなので、近所迷惑甚だしい。
調子も悪く無さそうなので、このまま納車しましょう。

でも、セルの回りが悪いのが気になりますねぇ、
っと思って、セルモーターを確認しようとしましたが・・・・
IMG_1094.jpg
端子が錆びて腐り落ちそうです。
原因はこれでしょうか?
でも、これではどうにも手出しが出来ませんね。
お金がかかる事なので、お客さんに相談って事で、今は手を出さずにおきましょう。

相談の結果、今回はそのままという事で。
願わくば、もっと乗ってくれる回数が増える事を期待して、
修理完了。

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

1KH セロー 其の弐

リヤのスプロケットも交換しておきましょう。
IMG_1019.jpg
必然的にドライブチェーンも交換
IMG_1018.jpg
所々、駒が固まって動きが悪くなっています。
スイングアームもチョット塗りなおしたいですねぇ。

IMG_1024.jpg
スプロケットを交換したら、ブレーキシューが減っていたのでコレも交換!
IMG_1022.jpg
折角分解したので、
掃除グリスアップももちろんやります。
IMG_1025.jpg
ちょっとパネルが色褪せているのが気に入らないので、
塗り直しましょう。
IMG_1027.jpg
余計な事やらなければよかった・・・・
つや消しにしようと思って色を作っていたんですが、
知り合いが来たもので、その相手をしていたら配合を間違えてしまい、
なんか変な色になっちゃいました。
まぁしょうがない、もう塗っちゃったので諦めましょう。

IMG_1028.jpg
コレで組み上げてリヤ周りはOK!
IMG_1029.jpg
気になったスイングアームも、
シルバーの塗料が無かったので缶スプレーで簡単に塗ってみました。
コレも止めとけばよかった・・・ちょっと違和感

フロントのスプロケットも交換しておきましょう。
IMG_1072.jpg
右が使っていた物で、左が新品。
まだ交換しなくても使えるんですが、
     IMG_1073.jpg
        IMG_1075.jpg
並べて比べると、結構減っているのが解ります。

さぁ、これだけやったんだから、しばらくは消耗品の心配は要りません。(タイヤは除く!)

でもチョット問題なのがコレ、
IMG_1076.jpg
ヘッドガスケット辺りからOIL漏れが有るんですよね。
まぁ気にしなければいいんですが、これは買う人の判断に任せましょう。
今は何もしません。

問題は値段設定、
      IMG_1096.jpg
      IMG_1097.jpg
う~~~ん、12万円でどうだ。
誰か買って~ 

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

1KH セロー 其の壱

若干ウチの趣味ではないんですが、
セローの売り物をつくりましょう。


以前、知り合いの業者さんから譲ってもらって、
とりあえずエンジンがかかるまで整備して、
タンクのコーティングも済ませて放置していたんですが、
「そろそろまともな売り物車両をつくらねば・・・シーズンが終わってしまう!」
(もう遅いって・・・・・)
という事で、急遽つくり始めました。

現行車なので、部品の心配をしなくていいのが楽でいいですねぇ。
(つまらないと言えばつまらないのですが)

まず気に入らないのが、サイレンサー
ノーマルを改造してあるのか、ヌケ過ぎでアフターファイアーが酷い。
前のオーナーさんは、良くこんなので走っていたなぁ。
YAHOOオークションで、安いノーマルを見つけて交換します。
IMG_1020.jpg

それと、既にエンジンがかかるようにした時にやっていた事なんですが、
カギの交換、
なにせカギが行方不明との事で、もらってないんです。
鍵屋さんを呼んで造ってもらうのも考えたのですが、
交換しちゃった方が安いので。
   IMG_1014.jpg
   メイン
      
      IMG_1015.jpg
      タンク

         IMG_1016.jpg
         ヘルメットホルダー

三点セットで交換します。

もちろんキャブはオーバーホールしていますので、
ついでと言っては難ですが、
IMG_1021.jpg
エアクリーナーも新品に交換。

なんか、意外とやる事多いなぁ・・・
調子に乗って、また赤字にならないように気をつけねば。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の拾弐

これでOIL漏れの方は大丈夫でしょうから、
本題の方を何とか解決しましょう。

今まで調べてきて、
多分何処かのアース不良か、断線であろうとは思うのですが、
一体何処なのかが掴めません。
テスターで調べる限り、何処も異常が無いんですがねぇ~

いっその事、「充電系だけでも新しく配線を作ってしまった方が早いかな」
とも思い始めましたが、出来れば明確な原因が解るに越した事は有りませんので、
もう少し頑張りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・これで一体何度目でしょう?
レギュレーターのアースをチェックしていると、
おや?!導通しなくなりました。
おかしいな? 
リード棒の差込を変えたり、アースを取る場所を変えたりしましたが、ピーともプーともいいません。

こっ・・・これはっっっ!!!!!
大当りぃ~!
これでしょう!
IMG_1042.jpg
この3ピンカプラーのアース不良。

念の為に直アースしてみると、・・・バッチリ電圧上がるではないですか。
という事で、ちゃんと代わりのアース線を引いてあげて、(黄色い線)
IMG_1043.jpg
これにて一件落着。

きっと、配線が何処かで切れかかっている様な状態で、
状況により、くっ付いたり離れたりしていたのでしょう。
それ位しか原因は思いつかないですね。

後車検を取れば、とりあえずお客さんからの要望はクリアですね。

ん、・・・
OIL漏れが直ってない・・・・・・
くそ~なんでや?
やる事はしっかりやっているのに、一体何がいけないというのでしょう?

仕方ありません、もう一度やり直しましょう。
多分合わせ面が歪んでしまっているのでしょう。
エンジンを降ろさないと面研は出来ないので、
厚手のガスケットにする事で対処しましょう。
IMG_1048.jpg
左が新しく切り出した物で、厚さは普通の物のはあります。
(切り出すのが硬くて大変)
これでダメなら、今回はあきらめて、
今度エンジンをやる時に一緒にやりましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の拾壱

そろそろTXをやりましょう。
進展するといいんですが・・・・・

前回までで、問題は配線に有るという事が解ったので、
怪しい所を探っていきましょう。
とは言っても、一応色々調べたハズなんですが、

怪しい所・・・怪しい所・・・・
ココですかねぇ、
IMG_1045.jpg
レクチへ繋がる6ピンカプラー
端子は新しい物へ付け替えているので、例えカプラーが壊れていても関係ないと思うんですが、
この際なのでカプラーを仕入れて交換しちゃいましょう。
IMG_1047.jpg
解ってはいましたが、こんな事では改善されません。

次ぎ、
絶対に違うと思うけど、ヒューズBOXの接触不良?
IMG_1046.jpg
この様に、ワイヤーで括っている状態なので、何時接触不良が起こってもおかしくありません。
<転ばぬ先の杖>早めに処置しておきましょう。
IMG_1044.jpg
ブレード型ヒューズBOXに交換
・・・・・やっぱりこれでもありませんでした。

う~ん・・・・
色々考えている内に、何とオイル漏れ発見。
セルギヤトレーン部分からです。
おかしいなぁ、ここはちゃんとガスケットを交換して、しっかりやった筈なのに?
まぁ、漏れている物は仕方がありません。
今度こそキッチリとやりましょう。
折角入れたオイルですが、1度抜いて、
もう1度再利用するので、埃がかぶらない様にして保管しておきます。
ガスケットを新しくして、脱脂、液体ガスケットを塗って、
今度は大丈夫でしょう。
念の為、液体ガスケットが乾くまでOILは入れずにおきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

MT125 エルシノア 其の四

目出度くエンジンがかかったので、その他の所も手を入れていきましょう。

まずは、ガソリンタンク
IMG_1031.jpg
そんなに酷くは無いのですが、念の為にコーティングをします。
IMG_1032.jpg
入り口が結構狭いので、今回は鎖を入れてガラガラやります。
(鎖なら取り出す時に楽ですから)

結構やったんですが・・・・
IMG_1034.jpg
大して変わらないですね。
ガソリンのシミの様な物なんでしょうか?
あきらめてさっさとコーティングの準備をしましょう。
1度綺麗な灯油で洗ってから、シンナーで脱脂します。
しばらく乾燥させましょう。

その間にマフラーを、
IMG_1054.jpg
どうやら1度切開手術を受けた様で、あちこちに溶接の跡があります。
IMG_1053.jpg
2stにありがちな詰りは有りませんでしたが、念の為に軽く焼いときましょう。

後はワイヤーブラシでゴリゴリして、耐熱塗料で塗ります。
IMG_1071.jpg


いい加減タンク内も乾いたでしょう。
そこで登場・・・
お気に入りの『POR15』
IMG_1052.jpg
コイツでがっちりコーティング!!

紙コップ一杯分位を入れて、満遍なく行き渡るようにタンクを動かします。
その後、余分なコーティング剤を戻して、
2日間乾燥!!
IMG_1056.jpg
一丁上がり

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する