2007-09

MT125 エルシノア 其の参

まだフロートピンがぬけませんねぇ、
今度は灯油漬けにしてみましょう。

ダメ元で、必要になりそうな部品を注文したのですが、
やっぱりほとんど欠品です。
まぁ、予想はしていましたけど・・・

という事で、無くて必要な物は造りましょう。
とりあえずはこのキックアームの取り付けナット、
IMG_1051.jpg
ボルトだけでも出たのは不幸中の幸いでしたが、ナットは造らなければなりません。
初めは、そこら辺に転がっているナットで合うだろうと思っていたのですが、
チョット普通のナットではなかったんです。

IMG_1065.jpg
これが造ったナットなのですが、先端を削ってアーム部分にはめる様にしないといけません。
最近手に入れた卓上旋盤で削りました。
いやぁ~、良いタイミングで旋盤を手に入れたもんです。
旋盤があったのでスグに出来ましたが、無ければきっと苦労していた事でしょう。

では、エンジンを開けてみましょう。
2stなので、腰上だけならアッという間に分解できます。
IMG_1004.jpg
どっぷりOILに浸かってますね・・・・・

ここでも不幸中の幸いか、ピストンは綺麗だし、クランクにもガタは無し。
このOILさへ吸い出してしまえば、きっとエンジンはかかるでしょう。
全部分解しないと、完全にはケース内のOILは除去できませんが、
上から吸い取るだけでも、エンジンをかける程度なら問題無いでしょう。

元通り組み付けて、後はキャブですね。
やはりフロートピンが抜けません。
ここは根気強くピンポンチでコツコツ叩き出しましょう。
焦って強く叩くと土台が壊れてしまうので、要注意です。

どれ位やっていたでしょうか?
もう諦めかけた時、不意に感触が変わりました。
IMG_0999.jpg
抜けましたよ、やっと。

これで、交換する部品を交換して、キャブを取り付けます。
IMG_1005.jpg
タンクはまだサビ取りをしていないので、他のタンクからガソリンを供給して、
キック!キック!!
バババン!!
よし!かかった~
チョット濃いのか?排気音が篭っていますが、良さげです。
うれしいなぁ!!!

それにしても、煙が酷すぎる。
通報されても文句は言えんなぁ・・・
スポンサーサイト

MT125 エルシノア 其の弐

とりあえずはキャブでしょう。
IMG_0994.jpg
あんな状態だったんですから、まともな訳は無い筈!
でも、ひょっとするとキャブをやっただけでエンジンかかったりして・・・

そんな希望を持ってキャブを取り外します。
予想はしていたんですが、ゴムが硬化していて外すのも一苦労
なんとかキャブを引っこ抜き、恐る恐る分解してみました。
IMG_0997.jpg
お~ 見事に腐っていますね。
IMG_0998.jpg
何がこんなに黒いんでしょう?
ジェット等、外せる物は外していきます。
が、フロートが外れない!フロートピンが全くビクともしません。
とりあえず、キャブクリーナーに浸け置き!!

その間に、火が飛ぶかを確認しましょう。
残念ながらカギが無いので、以前にオークションで入手しておいた中古のメインキーを繋ぎます。
キックをしてみると・・・・お~お~ちゃんと飛ぶじゃないですか。
調子に乗って何回かキックをしていると、
ビョッビョッ・・・・・なんでしょう・・・・・
プラグの穴からオイルが飛び出してますね。
あらあら、気付いてみれば大分遠い所までオイルが飛び散っていますよ。
う~掃除が大変!

やはり一筋縄ではいきませんね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

MT125 エルシノア 其の壱

気分転換に、店の在庫車両をチョットいじりましょう。
     IMG_0988.jpg
        IMG_0989.jpg
            IMG_0991.jpg
ホンダ MT125 エルシノア です。
正式な年式は解りませんが、フレームNoからして後期の物だと思います。
(初期型は1973年)

イイでしょう?
結構前から持っていたんですが、やる時間が取れずにいたんです。
ちょっとワクワク!!
それにしても、車重96kgはスゴク軽いですよね。
押して歩いていても、50ccじゃないかと思っちゃいますよ。

見た目はアレですが、中身が良い事を期待しましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の壱拾

どうしたもんでしょう?
全く原因が解りません。
やる事なす事全てが不発。

こうなれば、大分面倒ですが「急がば周れ」です。

使っている部品が中古品ばかりなので、
本当にその部品が使えるのかどうか、チョット不安が有るんです。
(一応テスターで検査はしていますが・・・)
幸いな事に、ウチにはTXがもう一台有ります。
コレに充電の為の部品を移植して、
もし充電する様になれば、
個々の部品は正常、後はハーネスの問題!

移植を開始しましょう。
        IMG_1039.jpg
             IMG_1040.jpg
   IMG_1041.jpg
ローター、ステーター(ブラシ付き)、レギュレーター、レクチ、バッテリー、
移植するのはこの位でしょうか、
そうそう、キャブを軽く掃除しておいた方が良さそうですね。
なにせ一年位はエンジンかけてませんから。(もちろんガソリンは抜いてありますが)
IMG_1049.jpg


エンジン始動、
おお、久しぶりの割に素直にかかりましたよコイツ。
充電はどうでしょうか?
・・・・・ばっちり!!最大で15V位出ますね。
レギュレーターの調整が必要な位です。

これでハーネスの問題に絞れました。
これからが更に面倒ですね。
う~ん異常個所は特に無かったハズなのですが・・・・・
もう一度調べ直しましょう!!

『♪探し物は何ですか♪』の法則に則って、この車両は1~2日休んで、頭を切り替えましょう。
気分転換に、売り物のRD125に乗ってナイトランしようかな。
因みに、このRD125はウチの売り物 兼 お使い車両です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の九

はぁ~参りましたねぇ~
嫌なパターンになってきましたよ。

何がって、充電ですよ充電!
ローターの巻き直しをしたはいいんですが、充電しないんですよね・・・
・・・・でも、ジェネレーターからは電気が起こるようになったので、
ローターも原因の一つではあった様なのですが、
他にも充電出来無い要因が有ったようです。

まず初めに疑ったのは、レギュレーターレクチです。
色々と点検はして、特に異常は無いと思ったのですが、
念の為に私のTXに使っている、IC式の物と交換してみます。
変化無し

次に接触不良
なにせ30年前の車両ですから、
配線やギボシが古くなって、接触不良を起こしている事は十分考えられます。
     IMG_1035.jpg
        IMG_1036.jpg
ギボシ、カプラーはもとより、メインスイッチも分解して接点を磨いて見ました。
変化無し

要所要所を直アースしたり、プラスから電源引っ張ったり、
変化無し

もしかしたら、交換したIC式レギュレーターも潰れていたのかも?
手持ちの純正品+「ガレージ310」さんから貰ってきた純正品に交換。
変化無し

単体で検査して異常は無かったのですが、
ステーターの不良?
わたしのTXの物と交換。
変化無し

etc・・・・・・・・・・・・

ぬぅ~
迷宮に入ってしまった。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の八

結構、チョークレバーを無くしてしまう人が居るんですよね。
この車両も無くしていたのですが、リプロが発売されていたので、
それを取り付けます。
IMG_0984.jpg
なんて事はなく、ネジ一本で止まっているので、特に書く事もないかなぁ。
と思っていたのですが、

硬すぎて動かない!!
力任せにやるとレバーが曲がってしまいそうです。
いくらなんでもコレはチョットおかしいぞ・・・
今回はキャブをやるつもりはなかったので、あまりキャブを外したくはないのですが、
コレでは折角取り付けたレバーが、只の飾りになってしまいます。
キャブを外してリンク部分を確認してみましょう。
IMG_0985.jpg

IMG_0986.jpg
多分、原因はコレ。
チョークバルブを引き上げるフォークなのですが、
何故か曲がっています。

これをプライヤー等で修正。
IMG_0987.jpg
これで、まだ硬さは若干有るものの、
ちゃんと作動させる事が出来る様になりました。

そうしているうちに、件のオイルフィルターが届きました。
IMG_1030.jpg
コレでようやくエンジンをかけてみる事が出来ます。
充電は大丈夫かなぁ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CBX750 ホライゾン 

この車両がなにかスグに解る人は、結構少ないのではないでしょうか?
IMG_1000.jpg
        IMG_1001.jpg

前年に出たCBX750Fのツーリングモデルとして出た、CBX750 ホライゾンです。
発売は1984年でしょうか?
何時まで造られたのか解りませんが、確実に不人気車種です。

ウチでは絶対に好んでやらない車種ですが、
いつもお世話になっている車屋さんが頼まれた物頼まれてしまったので、
「う~ん」と思いながらも、引き受ける事になりました。

なにせ、4発なんてやった事ないですからねぇ。
シングルかツインですよ、バイクは。(あっ・・トリプルも面白いですね。)


症状としては、セルが空回りしてしまって、エンジンがかからない。
その為、2年ほど放置していたので更に悪化。

というところです。
しかしこのオーナーさんも、修理出来る当てもないのに、
エンジンがかからない物をよく買ってきましたねぇ。


確認してみると、確かにセルはヒュンヒュンいってますが、
全く噛んでいませんね。

早速セルモーターを外してみました。
IMG_1006.jpg
・・・・・・・見える限りでは異常が有りません。
ワンウェイクラッチも正常に作動しています。
という事は・・・・・・・・・腰下を開けなきゃダメ?

これは相当色々な物がかかりますね。
オマケに、2年放置しているので、
IMG_1007.jpg
           IMG_1010.jpg
キャブも腐ってますね。

お客さんに説明したところ、
やっぱり「あきらめて他のを探す」という事でした。
キャブを外すのも、半日以上格闘して結構苦労したのに、
『骨折り損』ですね。

まぁ、こういう事も有りますよ・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の七

一つ気になっていた事が有ります。
何でか左のサイレンサーが凹んでいるんですよね。
スグに原因は解ったのですが・・・
センタースタンドが当たっているんですよ。
コレは対処しておきましょう。
IMG_0963.jpg
本来ならばココにスタンドストッパーのゴムが付いている筈なのですが、
いずこかへ飛んで行ってしまった様で、
近くのホームセンターに行って、適当なゴムを買ってきて取り付けます。
IMG_0964.jpg
コレで安心してセンタースタンドから降ろせます。

ハンドルスイッチも交換します。
         IMG_0973.jpg
            IMG_0974.jpg
わざわざ交換しなくても・・・とは思いますが、お客さんの要望なので。
IMG_0975.jpg
でも、リプロ品ですが結構イイんですよね、コレ。
ウィンカーがプッシュキャンセルになるので、現行車っぽいですがイイですよ。
アールプロジェクツで販売中です。

取り付けるに当たって、チョット配線をいじらないといけないのですが、
その際に無駄な物を排除出来るのです。
ライティングデバイスという物らしいのですが、コレがまた無駄!!
   百害有って一利無し
こんな事言うと、造った人に悪いのですが、
コレが原因でヘッドライトが暗くなったりするんですよね。
機能としては、
「ライトのHIとLOのどちらかが切れると、自動的に切れていない方に切り替わる」だったかな?
あまり要らない機能ですよね。正直。
     IMG_0982.jpg
        IMG_0983.jpg


ヘッドライトもハロゲン球が付けられる物へ交換します。
IMG_0981.jpg
最近は車検も厳しいので、光量が足りないとダメですからね。
流石にシールドビームのままでは限界があります。
それに、安全を考えると出来るだけ明るい方がいいですから。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の六

ローターの巻き直しを待っている間に、
OIL交換とOILフィルターの交換をしてしまおうと思って、
OILを抜いちゃったんですよね。
そしたらOILフィルターが片方無くって・・・・

手順失敗!!

という事で、
IMG_0954.jpg
         IMG_0956.jpg
アンダーのフィルターは交換済みなのですが、サイドのフィルターがまだなので、
エンジンかけられません。(出来ない事は無いんですけど・・・)

先に他の事をやっていきましょう。
  IMG_0957.jpg
     IMG_0958.jpg
        IMG_0959.jpg
この剥げてしまった塗装を塗り直しましょう。
このままでは悪化する一方です。

シートペースとチェーンケースは特に気にする事は無いとして、
フレームの方は一部しか塗り直さないので、
違和感が出ないように色を出来るだけ合わせます。
(とは言っても、つや消しの度合いだけですが)
  IMG_0961.jpg
     IMG_0962.jpg
        IMG_0960.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 其の五

IMG_0947.jpg
ローターの巻き直しが上がってきました。
折角綺麗な常態になったので、ブラシも新品に交換します。
IMG_0945.jpg
右が新品、左が使っていた物です。
このブラシは、まだヤマハから部品が出るのですが、
高い!! 1本 ¥2520!
リプロ品ならばもう少しで2本セットが買えちゃいます。
しかし、お客さんが「純正で」というので、高いけど純正を取り寄せました。

新品と、使っていた物をちゃんと比べてみると・・・
IMG_0946.jpg
こんなに違います。
ケガキ線の様な物が仕様限界線なのですが、ココまで使える事はほとんど無いでしょう。
その前に充電が弱くなってしまいますから。
(たまに、良くこんなに使ったなぁ。というのも有りますが・・・)

これで充電は良くなるでしょう。
すぐにエンジンをかけて確認したい所ですが・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド 其の壱拾

それでは予告通り、ほとんど画像のビフォー&アフターです。
(決して手抜きではありません・・・・・)
        IMG_0922.jpg
               IMG_0925.jpg

エンジンからいきましょう。

IMG_0929.jpg
なにせ水洗いは出来ませんので、磨くか拭き取るしか出来ません。
ココも初めはオイルの滲みと、白い粉(アルミのサビ)で酷かったんですよ。

IMG_0928.jpg
ちょっとケミカルを使って磨いてみました。
右側はまだ磨いていません、左だけ磨いてみました。
こうすると違いは歴然!!

        IMG_0930.jpg
            IMG_0932.jpg
エンジンはだいぶ綺麗になりましたよ。

再メッキした部品を組みましょう。
何時も思うんですが、やっぱり再メッキするとイイですね!
IMG_0927.jpg
右が純正新品、左が国内再メッキ品
全く違いますね、再メッキの方がはるかにメッキの『深さ』が有りますね。
(ウチの嫁さんには違いが解らないらしい・・・というか、興味ナシ?淋しい限りで・・・)

車体に行きましょう。
気になるのは、やはり足回り。
足回りが綺麗だと、かなり見栄えがします。
      IMG_0937.jpg
             IMG_0940.jpg
リムとスポークを、時間をかけてしっかりと磨きます。
それだけの価値は有ります。

続いて、ハブを磨きます。
IMG_0939.jpg
ついでなので、フロントブレーキを分解して、グリスUPしておきましょう。
          IMG_0943.jpg
           IMG_0944.jpg
結構、グリス切れで動きが渋くなっている車両が多いです。
車両によっては、完全に固着してしまった車両もいました。
ブレーキシューの《当り》も調整しておきます。
IMG_0951.jpg


   IMG_0948.jpg
      IMG_0949.jpg
         IMG_0950.jpg
見違える様に綺麗になりました。
これでお客さんも満足してくれるでしょう。
なんと言ってもポイントは・・
IMG_0952.jpg
このクロノメトリックですね。

後は、車検を取って完成ですが、この車検が結構手間でした。
ノーマルなのに、「音がうるさい」等のイチャモン付けられて、3回ほど店と車検場を往復しました。
いつもの試験官さんではなく、余りこの車両の事を知らない新顔の人だったので、
ちょっと手間取っちゃいました。
おかげで、車検通すだけで丸一日かかっちゃいましたよ。

全て終わってから、お金の計算を改めてしたのですが、
予算オーバー!?
・・・・・やっちゃいました、調子に乗って手間かけ過ぎた・・・・・
しかし、お客さんに予算以上を請求する訳にもいかず・・・・
工賃を本来の1/3以下に削って、なんとか予算内、
(嫁さんにバレたらシバかれる)
計画性がないなぁ・・・わたし。
でも、お客さんが喜んでくれて、次に繋がると思いましょう。自己補完完了

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド 其の九

再メッキに出していた部品が帰ってきました。
       IMG_0920.jpg
                IMG_0921.jpg

今回は、本来ならばメッキではない部品もメッキしてもらったので、
出来上がりがどうなるか楽しみです。(まぁ、そんなに目立つ部品では無いのですが)

メッキ部品が綺麗になると、他の部分の汚れや腐食が目立ちます。
エンジンなんかは特に、
     IMG_0922.jpg
       IMG_0923.jpg
         IMG_0924.jpg

今回の車両は、オーナーさんから「磨いて欲しい」と頼まれていたのと、
台所事情により、出来る限り磨きます。
普段ならそんな事を言われても「磨くのは乗る人の仕事、出来ないのなら乗る資格無し」
と、突っぱねるのですが、いかんせんが無いんです。
このままでは家賃も払えません。
1万円でも多く請求出来るならば、背に腹は換えられません・・・・・

という事で、次回は磨きのビフォー&アフターです。
ほとんど画像ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トライアンフ TR6R 修理

以前販売したトライアンフの650が、
異音がするとの事で緊急入院しました。
IMG_0965.jpg
エンジンをかけてみると、確かに異音がします。
ガチャガチャというか、ジャラジャラというか、
コレは多分プライマリーのチェーンが伸びてしまったのでしょう。
IMG_0966.jpg
「でも、やけに急激に伸びたもんやなぁ」
チョット嫌な予感がしたので、
プライマリーケースを開けてみる事にしました。
(調整だけなら、ドレンの穴から調整出来ます。)

IMG_0967.jpg
おおっと!予感的中!!
IMG_0970.jpg
テンショナーのボルトが折れています。
そりゃぁダラダラにもなりまんがな。
不幸中の幸いは、その他の所に被害が無かった事、
これだけチェーンが弛んでいると、ケース自体を削ってしまう事もあるからです。

IMG_0971.jpg
さぁコレをどうしましょうかねぇ。
部品を頼むと、来るまでに最低1ヶ月位はかかってしまうので、
何とかコレを直して、とりあえず乗っていて貰いましょう。
今のウチにはこれ以上車両の置き場が有りませんので・・・

ウチの溶接機では、こういう細かい物は難しいので、
外注に出します。
とは言っても、懇意にして頂いている業者様の、
個人的製作所、人呼んで『森安研究所』にお願いしに行きます。
IMG_0977.jpg
夜も遅いというのに対応して頂きまして、感謝感謝です。
ホント、個人のレベルではなく、ウチより数十倍機材が揃っています。ウラヤマシイ

      IMG_0976.jpg
                  IMG_0978.jpg
このチョット変な方が所長様です。
いや~、足を向けては眠れませんね。アリガタヤアリガタヤ

で、バッチリ直りましたよ。
IMG_0979.jpg
     IMG_0980.jpg
さぁ、ガスケットを新たに切り出して、元通り組み立て、液体ガスケットが乾くまで一晩待って、
完成!
プライマリーチェーンは、今度の機会に交換ですね、
もう仕様限界です、早めに部品の手配をしておきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX750 其の壱拾

おっと、1つ書くのを忘れていました。
再メッキに出す部品の事を書いてませんでしたね。

再メッキに出すのは、
Fフェンダー、 Rフェンダー、 サイレンサー、 エキパイ、
Fフェンダーステー、 グラブバー、 メーターケース、 テール台etc

大小40点位でしょうか。

中にはそのままメッキ屋さんに送れる物もあるのですが、
サビやら汚れが酷い物は、こちらである程度処理してから送るのが礼儀というもの。
「金を出すんだから」というのは、職人さんに対して失礼です。

IMG_0904.jpg
タンクキャップのボツボツを、ペーパーサンダーで削って、
      IMG_0907.jpg

                   IMG_0909.jpg
                              IMG_0910.jpg

フェンダーのサビ、エキパイのサビ、汚れ、出来るだけ落します。

IMG_0913.jpg
            IMG_0914.jpg
サイレンサーのサビは特に酷く、きっとメッキをしても他の物ほど綺麗にはならないでしょうが、
それでも、今の状態よりは100倍マシになる筈。

ペーパーサンダーをひたすら駆使し、
腕の感覚が無くなりかけた頃、なんとか終了。
あとはメッキ屋さんにお任せします。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX750 其の九

フレームの方も、今のうちに塗れる所は塗っておきましょう。
IMG_0889.jpg

        IMG_0894.jpg

それにしても、放置プレイもいいとこですよね。
屋根付きの納屋に保管していたと言っても、床が土の納屋なので、
地面からの湿気でサビサビです。
スイングアームなんかもかなりキテます。
IMG_0895.jpg
オイルタンクも外したくは無いけど、外さないと塗れない部分も有るので、
一旦外します。
    IMG_0896.jpg

               IMG_0897.jpg
#120のサンドペーパーと、ワイヤーブラシを駆使し、
サビを落しながら足付けしていきます。
それが終わったら、毎度の様にハケ塗りです。

     IMG_0892.jpg
             IMG_0893.jpg
                  IMG_0900.jpg
             IMG_0901.jpg
      IMG_0902.jpg

チェーンケースはメッキにしてしまおうとも思ったのですが、
塗りでいける物は塗りでやらないと、メッキ代が恐ろしい金額になってしまうので、
純正も黒の塗りなので、面倒ですが塗ります。
IMG_0903.jpg

          IMG_0908.jpg
一応コレはガンで塗りました。

後はチョット腐食してしまったバッテリーケースですが、
コレに関しては普通のウレタン塗料では無く、
以前にも使った「POR15」を使います。(強力サビ止め塗料)
IMG_0898.jpg
常にバッテリー液の危険に晒されている所なので、硫酸に対して何処まで耐性が有るかは解りませんが、普通の塗料よりはマシでしょう。
IMG_0899.jpg

ここまでやってしまえば、後は外注待ちですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX750 其の八

もう一つ外注に出す物が有りました。
IMG_0883.jpg
スピードメーターです。
車両を押して歩いただけでメーターが振り切れてしまうんですから、
全く使い物になりません。
世田谷にある日本計器サービスさんに修理をお願いしましょう。


IMG_0884.jpg
折角なので、このメーターブラケットもお色直ししましょうかね、
IMG_0885.jpg
サンドペーパーでザッと足付けした後、
ハケでペタペタ塗っていきます。
IMG_0886.jpg

                IMG_0887.jpg


そうすると、トップブリッチアンダーブラケットもやりたくなりますね。
IMG_0888.jpg
幸い、ヤマハ車の弱点であるステムベアリングは、打痕も無く綺麗な物でした。
こいつもサンドブラストをやりたいので、アンブラに付いているベアリングレースを外しておきます。
ブラストを当てた後、コレもハケで塗ってしまおうと思ったのですが、
結構乗っている時に目に付く場所なので、ガンで綺麗にやりましょう。
IMG_0891.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX750 其の七

ハンドル自体はお客さんに任せるとして、
スイッチBOXをやっておきましょう。
IMG_0877.jpg
レバーホルダーもダメですね。
IMG_0878.jpg
マスターシリンダーもやりましょう。

サンドペーパーで地道にやっていてもいいんですが、
形が複雑なのでいくらなんでも限界があります。
ここはサンドブラストの出番ですね。
IMG_0879.jpg
アッという間にこんなに綺麗!
しかしコレには致命的な欠点が・・・・体中砂だらけ・・・
ちゃんとしたブラストの箱が無い為、ウチでのブラストは野吹きなんです。(青空ブラストとも言う)
ブラストが終わったらお風呂へ直行です。頭の中まで砂だらけ。

因みに、環境の事を考えて(?)アルミナ等は使っていません。
本当の砂です。
実家がある、千葉の白里海岸の砂です。
IMG_0880.jpg
ほんのりと海の香りがしますよ。

IMG_0881.jpg

左側は取り外すのが困難なので、このままペーパーで処理します。
IMG_0882.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する