FC2ブログ

2019-05

マチレス G5 英車によく有るOEM 其の壱拾四

2018 3 g5 1



時間をかけてスプリングの選定を終え、
あとは実際に乗ってみるしかない段階まで来ました。
手応えはそこそこ有るんですが、
こればかりは乗ってみないと解りません。

最後の仕上げとして、ベアリング交換の為ミッションケースを取り外します。
2018 3 g5 99
こんなミッションケース他には無いですよね。
2018 3 g5 100
このスプロケットの裏にベアリングが有るんですが、
ケースを取り外さないとアクセス出来ないのはちょっと不便ですよね。

よし、折り曲げたロックワッシャーを平らに直し、
ナットを外しましょう。
2018 3 g5 101
インパクトレンチでバキュ~ンと・・・・
やっぱりちゃんと固定しないと回っちゃいますね。
何か方法は・・・・・
2018 3 g5 102
これで大丈夫でしょう。
バキュ~ン・・・バキュバキュ~ン・・・・・ババババキュ~ン・・・・・・・・
固いですね。
ひょっとしたら逆ネジ?
そう思って逆回転もしてみましたが、簡単には外れてくれそうもないです。
ちょっと手古摺るかもしれませんね。



潤滑剤を塗りながら、



インパクトレンチでダメなら長いハンドルを使って、

ダメですね。
せめて正ネジなのか逆ネジなのかだけでも解ればなぁ~
ナットとネジ山がほぼ面位置な為、
どっちなのか解らないんです。
セオリーからすれば正ネジな筈なんですが、
イレギュラーも有りますからね。
そして、出来れば熱を加えるのも避けたいトコロです。
だって、、、、絶対スプロケットの裏にはオイルシール有るでしょ?
このオイルシールが手に入らなかった為、
元のオイルシールを使い回さないといけません。
出来るだけ無傷で取り外したいんですが・・・・・

残念ながらそうも言っていられないみたいです。
このままでは外れそうも有りませんので、
仕方有りません。
バーナーで熱を加えて外しましょう。
オイルシールが使えなくなったら、それはその時に考えましょう。

よし、腹は決まりました。
ガンガンに熱を加えてバキュ~ンと外しちゃいましょう。
スポンサーサイト

C15 出来るか?フルレストア 其の伍拾参

オイルコックの謎も解りましたので、
それに気を付けながらエンジンをかけたいと思います。
ほぼほぼ新品のエンジンですし、
オーナーさんは英車が初めてとの事なので、
ある程度はウチで「慣らし」までしておいた方が無難でしょう。

それに、色々と辻褄合わせをして組んでいる部分が有りますので、
安パイを取ってから本格的な試乗に移ろうと思います。
って事で、まずはアイドリングで15分位放置。
完全にエンジンが冷え切ってから、もう一度アイドリング15分。
あら?
2016 11 c15 346
オイル漏れが出て来ましたね。
しかも・・・・・
2016 11 c15 347
新しく切り出したガスケットが伸びて来ています。
ありゃぁ~、ヘッドカバーなら大して圧力はかからないであろうと思い、
安い方のガスケット紙で切り出したんですが、
意外と結構な圧力がかかるみたいです。
折角切り出したガスケットですが、コレでは使い物になりません。
高いガスケット紙で切り出し直します。
2016 11 c15 348
左が高い方です。

オイルパイプからの漏れは、面研をしてガスケットワッシャーも新しくしましたので完治。
ヘッドカバーガスケットももう伸びては来ません。
何日かに渡ってアイドリングテストをしまして、
ある程度エンジンもアタリが付いて来たでしょう。
ちょっと走ってみますか。
まずは2~300mの走行試験ですが・・・・・
クラッチワイヤーの状態が良くありません。
使えない訳ではないんですが、
長さが長い上にアチコチ合っていなくてガタが多い。
何か別の車種のヤツを間に合わせで使っていたんでしょう。
2016 11 c15 349

このままではカッコ悪いので作り直しましょう。
コレが意外と時間がかかってしまいました。
まぁ、ウチで出来る範囲での作業だったので、
これ以上オーナーさんの金銭的負担を増やさない様に、
割引は出来ますが、、、、

マチレス G5 英車によく有るOEM 其の壱拾参

2018 3 g5 1



迂闊にもこの段階で気付いた事が有ります。
2018 3 g5 88
シフトペダルのリターンスプリングなんですが、
2018 3 g5 89
亀裂が入ってました。
コレは問答無用で交換案件です。
幸い、コレに関しては、
2018 3 g5 90
ちょっと違うスプリングを2つ用意してくれましたので、
どちらが合うか分かりませんが、何とかなりそうな気がします。
左が元の物なんですが、新しい物はチョット全長が長いんですよね。
長くて不具合が有るのなら、切ってしまえばいいんですからどうにかなるでしょう。
そして2つの違いは・・・
2018 3 g5 91
この開き具合なんですが、コレが一体どんな違いを生むのか?

コッチのスプリングも3種類用意してもらいました。
2018 3 g5 94
左の2種は・・・
2018 3 g5 95
あまり立体的ではないんですが、
右の物は、
2018 3 g5 96
ちょっと立体的です。
元の物も、
2018 3 g5 97
こんな感じなので、十中八九右の物が正解ではないかと思っているんですが、
どうかなぁ~~

少々面倒ではありますが、どれが本当にジャストなのか?
トライ&エラーで組み替えて試してみるしかありません。
本当の作業時間分工賃を貰ったら、きっとココだけでも大変な金額になりますね。

そうそう、
2018 3 g5 98
ガスケットも取ってもらったんですが、
コレは使いません。
ウチが切り出したものの方が精度バッチリですから。

ただ・・・・・・この分の工賃は、、、、貰えないよなぁ~。

C15 出来るか?フルレストア 其の伍拾弐

久し振りにC15の再開です。
今回は完結編ですよ。

さて、前回は折角組んだエンジンが早くも焼き付いてしまったまでですね。
クランクを分解してはみたものの・・・・ハッキリとした原因は解らず。
このまま悩んでいても仕方ないので、再度内燃機屋さんにお願いし、
2016 11 c15 337
直して頂きました。
折角直して頂いたのにスミマセン!「三留」さん!!
今度はもっと慎重に組んで点検します。

って事で、
画像は撮らずに作業だけに集中して、
2016 11 c15 338
エンジンを再始動。
スグに再始動はするんですが、
2016 11 c15 339
オイルがタンクに戻って来ません。

もちろん、エンジンをかける前にいっぱいキックをしたんですが、
それでも戻ってこなくて・・・・・人力は諦めてエンジンに頼ろうとしたんですが、
ダメな物はダメみたいです。
このままエンジンをかけ続けるとまたやらかしてしまいますので、
もう一度人力に切り替えます。
鬼キック!!



オイルホースの戻り側を外して、
足腰ガクガクになる位キックを続けた結果、
戻って来そうな気配が有る事は解りました。
って事は、オイルポンプは正常に動いているけど、
オイルの供給が無いって事でしょうから、、、

2016 11 c15 342
これか?
上の画像の状態がOFFで、
2016 11 c15 343
コレがONのはず。
前回エンジンを組んだ時も、これでちゃんとONになりましたし、
その時はしっかりとオイルが戻って来るのを確認しています。

ところが今回は何故かONになりません。
供給側のホースを外して確認しました。
正確には多少流れるんですが、全然足りません。
じゃぁ、どのポジションがONなのか?
2016 11 c15 345
コッチが正解。
なんだよ~そんな事かい。
・・・・・・・・・でも、前回は何でちゃんとオイルが流れたんでしょう?
もう一度2016 11 c15 343こっちのポジションで検証してみたトコロ、
絶妙な位置でコッチもちゃんと流れる事が判明。

うわ~使い難い。
前回の焼き付きの原因はコレかもしれません。
コレはちょっと怖くて使いたくないですね。
何か代わりになるコックを探して取り換えましょう。

マチレス G5 英車によく有るOEM 其の壱拾弐

2018 3 g5 1



オーナーさんに連絡した所、
部品の注文はオーナーさんがやってくれるという事なので、
画像付きで欲しい部品のリストをメールで送り、
部品の到着を待ちます。

1か月チョイ位でしょうか、
部品が届きました。
2018 3 g5 80

Oリング各種。
2018 3 g5 81
ちょっと多いですが、、、

シフトシャフトスリーブ。
2018 3 g5 82
明らかに長さが違う物2種類。

スプリング各種。
2018 3 g5 83
これも何種類か取って頂いたので、
この中から使える物を探します。

まずはシャフトスリーブから選んでいきますが・・・・・・
2018 3 g5 84
選ぶまでも無く、2種類とも使えませんでした。
っていうか・・・別にこのスリーブ部分は要らなくて、
2018 3 g5 85
この三角部品が欲しかったんですが、、、、無かったのかなぁ~
折角なので、新しいスリーブにこの三角部品を移植して使おうと思ったんですが、
2018 3 g5 86
新しい方のスリーブには、2個とも三角部品を取り付けるシャフト部分が、
2018 3 g5 87
有りません!

アレレ?
いきなり躓いてしまいましたが、、、、、まぁまぁ、1つ2つは仕方有りません。
元から全部交換出来るとは思っていませんので。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する