FC2ブログ

2020-04

TX650 やり直し修理 其の九

2019 6 tx650 1





ウチのブログではすでに何回も書いている事ですが、
オーナーさんへの報告も兼ねていますので、
「もう知っている」という方はこの回は飛ばして下さい。

2019 6 tx650 47
例の、、、、、セルモーターの伝達機構をチェックします。
2019 6 tx650 48
コイツですね。
もうこれは消耗品と考えるしか無いですね。
セルをよく使うのであれば、定期的な交換を覚悟して下さい。
それが嫌なら、普段の始動はキックで行い、
緊急時にのみセルを使用する。
っとまぁ・・・そこまで極端ではないにしろ、
エンジンが冷えている時にはキックで始動する。
そうやって気を使って下さい。

では、取り外します。
2019 6 tx650 49
2019 6 tx650 50
この様に3つの部品が重なっていまして、
2019 6 tx650 51
2019 6 tx650 52
セルの噛み込みが悪い物は、大体この位ギヤが削れちゃっています。
これを新しい物に交換すれば・・・・改善はするんですが、
う~ん、新車の状態を知らないので何とも言えないんですが、
この機構って元から噛み込みが良くないんじゃないですかね?


別に依頼されてはいないので、
どうするかちょっと迷ったんですが、
下部のオイルフィルターを点検してみます。
2019 6 tx650 53
ちゃんと交換した時期が書いてあるんですね。
気になるようなゴミは・・・・・
2019 6 tx650 542019 6 tx650 55
2019 6 tx650 56
有りますね。
細かく砕けてしまったのか?
金属の細かい欠片が・・・・・・・・・
スポンサーサイト



TX650 やり直し修理 其の八

2019 6 tx650 1





丁度オーナーさんがご来店されましたので、
状況を説明。
腰上にはあの異音の元になるような物は有りませんでした。
って事は腰下を開けてみないといけない訳ですが、
一応オーナーさんに開けていいかどうかの許可を頂きます。

幸い、二つ返事で許可を頂きましたので、
サクサクッと分解しましょう。
2019 6 tx650 39
セルモーターの繋がりも悪いようなので、
2019 6 tx650 40
ギヤトレーン部分を見てみましたが、
2019 6 tx650 41
予想通りここら辺には異常は有りませんでした。
やっぱり毎度お馴染みの部分ですかね。

2019 6 tx650 42
右ケースカバーを開けてクラッチ部分も取り外し。
???????はて????????
2019 6 tx650 43
クラッチの構成ってこんなんでしたっけ?
入っていたワッシャーが違うような気がするんですが、
年式による違いが有るんでしょうか?
だとしても・・・・この年式のエンジンもやった事が有りますが、
こんな構成では無かったような気がします。
後でちょっと調べてみましょう。
ひょっとすると・・・・ニュートラルに入らなかった原因はココに?

2019 6 tx650 44
シフトの遊びは上下共に正常。
まぁ、シフトペダルを上げても下げてもニュートラルには入らなかったので、
コレでは無いと思っていましたが、一応確認です。

やっぱりクラッチが怪しいな・・・・
外したケースカバーの裏側なんですが、
2019 6 tx650 45
2019 6 tx650 46
妙な傷跡が有ります。
コレが一体何を意味しているのか?
それとも全く関係無いのか?

ワタシの予想通りであれば楽に解決するんですけどね。

TX650 やり直し修理 其の六

2019 6 tx650 1





カムが傷付かないように大切に保管して、
ヘッドを取り外します。
何時間も外れないのは偶に有りますが、
こんなに呆気無くヘッドが外れたのは初めてです。
2019 6 tx650 26
カーボンの付き方が左右で違うのが気になりますが、
ピストンとシリンダー間のクリアランスは・・・
悪くないと思います。
2019 6 tx650 272019 6 tx650 28
当然、新品の状態の様に全くカタカタしない何て事は有りませんが、
十分許容範囲のクリアランスだと思います。

続けてシリンダーを外そうとして、
足らない部品が有る事に気付きました。
2019 6 tx650 29
無い!!
2019 6 tx650 30
ヘッド側にも・・・
2019 6 tx650 31
無い!!!
位置決めのノックピンが有りません。



だからあんな簡単にヘッドが外れたのか。。。。。

組み付け忘れたのかな?
ノックピンなら純正でまだ出たと思いましたので、
他の物を注文する時に一緒に頼みましょう。
シリンダーを外し、ピストンとシリンダー内壁に傷が無いか点検。
2019 6 tx650 32
2019 6 tx650 33
ウン、大丈夫でしょう。



あれ?
当初予想していたカムチェーンテンショナーもガイドも、
減ってはいましたが、使えない程度でもありません。
ピストン、シリンダー、ヘッドも大丈夫。
えっ・・・・・・・・腰下なの

TX650 やり直し修理 其の伍

2019 6 tx650 1





入庫時に、オーナーさんから「オイル漏れが少し有る」
という訴えが有りましたが、
まぁ、有るのは有るけど、この位は・・・・・・
なんて思っていましたが、
オイルパイプを外してから改めてエンジンを見てみると、
2019 6 tx650 21
おそらくヘッドガスケットからであろうオイル漏れが確認出来ます。
確かにこれは悪化していきそうな感じです。
ヘッドが歪んでいるとか・・・・無ければいいんですけど。

分解を進めます。
タペットカバーを外して、クリアランスを一杯まで広げておきます。
ブローバイを外し、インマニも外しちゃいます。
たまに張り付いて中々外れない物も有りますので、
今の内ならそうなっていても外しやすいですから。
って!!インマニの取り付け緩くない!?
6mmのボルトなので、そんなに高トルクで締めつけはしませんが、
それでも、通常は「エイッ!」って多少は力を込めて外します。
それが、大した力を込めずに「クイッ」と外れてしまい、
当然、インマニも張り付いている訳もなく、ボルトを外すとポロッと取れてしまいました。
こんな取り付けで大丈夫だったのだろうか・・・・

気を取り直して、
2019 6 tx650 22
ヘッドナットを緩めましょう。
ここは高トルクで締まっていますので、
今までは作業がし易いように作業台を上げていたんですが、
しっかりとエンジンを押さえていないといけませんので、
作業台を下げ、ガッチリとホールドしてから、
長いハンドルを使って「エイッ!」っと弛めます。
あれ?
ここも緩いゾ!!

おそらく規定トルクの2/3あるかどうか。
オイル漏れの原因絶対コレですよね。
よくエンジン不調を起こさなかったな。
地雷は他にも有るんですかねぇ~

ヘッドカバーを開けてカムチェーンを緩め、
カムの位置を確認してからカムチェーンを切断。
2019 6 tx650 23
カムやロッカーアームには何も異常は有りませんでした。
まぁ、この辺からの異音は有りませんでしたから、
大丈夫だろうとは思っていましたが、
あんな事が続くとね、、、、、何か有るんじゃないかと用心深くはなります。

あ、ほら、早速次の地雷が・・・・

TX650 やり直し修理 其の四

2019 6 tx650 1





さぁ、サクサクいきましょう。
まずはポイント・ガバナから取り外し。
ポイントは交換するまでも無いと思いますが、
後で磨きだけはやっておきましょう。
前回修理時に交換されていたのか?
ポイント自体はリプロ品に交換されています。
純正品はかなり高いですから、安価なリプロ品にするのは仕方ないでしょう。
造りは・・・・・ですが。

ガバナの状態は凄く良いですね。
2019 6 tx650 11
大概ガタが出ていたり、少なくともスプリングが伸びていたりするんですが、
スプリングの伸びすらありません。
リプロ品のガバナではないと思うんですけど、
デッドストックの新品でも何処かに眠っていたんでしょうか?

2019 6 tx650 13
自作工具で特殊ナットを外し、
ハウジングを外して・・・・・・アレ?
2019 6 tx650 14
2019 6 tx650 15
有るべき部品が足りません。
エンジン本体にも、外したハウジング側にも。。。
反対側はどうでしょう?
ポイントを取り外してハウジングを外してみます。
2019 6 tx650 17
あった。
そう、本来ならばオレンジ色のOリングが入るハズなんです。
コレが無いとオイル漏れの要因になります。
確実に前回整備時に組み込むのを忘れましたね・・・・・・

まぁまぁ、今回は忘れないようにしっかりとやりましょう。
分解を続けます。
2019 6 tx650 18
オイルパイプを取り外し、パイプのベースも取り外しておきます。
意外と忘れがちですが、このベースが有るとシリンダーを外せません。
2019 6 tx650 19
・・・・・・・・にしても、色々なトコロに液体ガスケット使い過ぎじゃない?
こんな所にも使っているし、
銅ワッシャーの使われている所にはことごとく液ガスが塗ってあります。
オイル漏れを嫌ってなんでしょうが、
ちょっと使い所が良くないのではないかなぁ~
パイプに詰まってしまったら大変です。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する