2017-08

ラビット S301B 納車整備 其の参

初めは「表だけやればいいや」と思っていたんですが、
作業をしていると裏側もやりたくなってきます。
2017 5 s301b 9
裏側はキレイに剥がれてくれましたね。

いつもスチールリムの裏側に塗っている錆止め、
こいつを塗ろうと思っていたんですが、
残りが少なかったので買い出しに行きました。
そこで余計な物を見つけちゃったんですよね~

2017 5 s301b 10
いつも使っているのは右の赤いスプレー。
錆止めとしての効果は信頼しているんですが、
色が微妙な色なんですよね。
車体がシルバーなので、このスプレーを塗っただけではちょっとね。。。
荷台だけが浮いてしまいます。
かと言って、この錆止めは普通の塗料は重ね塗り出来ないみたいなんです。
そこで、青い方のスプレーです。

この青い方の塗色はシルバー、
しかも、防錆効果も有るみたい。
ならばコッチだけでいいじゃん!
そう思い説明を読んでみると・・・
「ローバーを下塗りする事により、更に防錆効果が・・・」
なんと!!
それはちょっとやっておきたいですね。
(ローバーというのは、赤い方のスプレーです。。。多分)
少々お高い物ではあるんですが、
新しいオーナーさんの為に投資しておきましょう。

赤いスプレーを下塗りにし、
青い方を2~3回重ね塗りします。
一晩しっかりと乾燥させて、
2017 5 s301b 11
2017 5 s301b 12
なかなか良い仕上がりではないでしょうか?

これなら車体に合わせても浮く事は無いでしょう。
ちょっとお金と手間がかかっちゃいましたけどね。
スポンサーサイト

ラビットS301B 納車整備 其の弐

荷台の状態は思っていたほど酷くは有りませんでした。
2017 5 s301b 6
しかし、まぁ・・・・
あのままにしていたら酷い事になっていたでしょうから、
ココでしっかりと処理しておきましょう。

まずは塗装を剥離剤で落とします。




剥離剤の缶を開けて・・・・・・・がっくり、、、マジか。
たしかに、久しぶりに使ったんですが、
まさか、、、、剥離剤が固まってしまうとは。

まだカチカチという訳ではないんですが、
ジェル状だったハズの物が、ハードグミって感じです。
コレ・・・塗れない事は無いですが、
塗るっていうより、、、、、、、、、置く?
2017 5 s301b 7
効果有るのかな?
これ。
ダメ元でこのまま放置してみましょう。
効果が薄いのは塗った瞬間に分かったのですが、
時間をかければ何とかなるかもしれません。


30分ほど放置してみて、
まぁ、、、全くダメという訳ではありませんでした。
本来の半分位は剥がせたでしょうか?
これで錆止めを塗ってしまってもいいんですが、
やっぱり納得出来ません。
いつもの塗料屋さんに頼んでもいいんですが、
滅多に注文しない上に剥離剤一個だけなので、
届くまでに時間がかかります。
通販でとも思いましたが、
それも時間がかかります。

あ!
確か近くに塗料屋さんが有ったはず。
自動車用ではなく、建築用の塗料屋さんみたいですが、
この固まってしまった剥離剤よりは使える物が有るでしょう。

一応店員さんに聞いて、一番強力なやつを買ってきました。
早速塗ってみますと・・・・
まぁまぁですかね。
今まで使っていたヤツほどではありませんが、
そこら辺のホームセンターで売っているモノよりは遥かに効果有です。
2017 5 s301b 8
これだけ落ちれば十分でしょう。

ラビット S301B 納車整備 其の壱

委託販売で目出度く売れたS301です。
2017 5 s301b 1
機能に関していえば、
このまま納車しても大丈夫だとは思うんですが、
2017 4 s301 8
この部分がどうしても心配だったので、
ココの錆止め塗装と軽く諸整備をさせてもらう事になりました。

まずは、この水が染み込んでしまったリヤシートを取り外します。
2017 5 s301b 2
裏側から2本のボルトで止まっているだけなのですが、
1本は無事に外れたんですが、もう1本が外れません。
グルグル回るだけで、一向に抜けないんですよ。
おそらく、シートベースが木材で出来ているので、
そこに取り付けたナットが空回りしちゃっているんでしょう。

こうなると取り外す方法は限られます。
サンダーでボルトの頭を飛ばしてしまうのが手っ取り早いですかね。

他の整備の兼ね合いも有りますので、フネ部分を外しちゃいましょう。
2017 5 s301b 3
フネ部分本体から荷台を外します。
2017 5 s301b 4
ココは8年位前にウチでステンレスのビスに交換していますので、
何の問題も無く外せます。

あとはシートを取り外すだけ、、、



ビャイ~ンとサンダーでボルトの頭を削り取り、
2017 5 s301b 5
分離成功。
このシートは・・・・もう使えないかなぁ~

委託販売 ラビット S301

最近委託販売のお知らせばっかりですね。
今回もです。

車両は富士重工のラビットS301です。
2017 4 s301 12017 4 s301 2
2017 4 s301 3

見覚えが有る車両だと思いますが・・・
その通り、何度か入庫した事の有る車両ですが、
一番最近では去年の秋頃に入庫しました。
しばらく乗らなかった為に動かなくなってしまい、
また乗りたいからという事で修理した車両です。
結局数回乗っただけで売却となってしまいました。
まぁ、このお客様には他にも車両が有って、
そっち一本でいくという事でしたので、
仕方ないのかもしれません。

そんな訳で委託販売します。
パッと見キレイに見えますが、
正直オーナーさんの保管状況が悪かったので、
外装はかなり傷んでいます。
2017 4 s301 4
タイヤはウチが代車として使っていた頃に交換したままなので、
8年前のモノです。
まだ山は有りますが、気になる方は交換して下さい。

ウィンカーレンズは、ウチが手に入れた時には前後共色が抜けてしまっていたので、
裏側から色を塗ってあります。
2017 4 s301 5
2017 4 s301 11

スピードメーターは動きません。
メーター自体を修理しないといけません。
2017 4 s301 6

シートは・・・・見た目キレイですが、
2017 4 s301 7
メインシートの裏側、
2017 4 s301 9
ヒンジが錆ていて、
2017 4 s301 10
いつモゲルか解りません。
表皮は8年前に張り替えましたので、汚れてはいますがまだ大丈夫です。

リヤのシートはリプロ品を買ったと思ったんですが、
シートを被せただけの、ほとんど雨ざらし状態でしたので、
雨が染み込んでしまって、水が染み出て来ます。
取り付けているボルトが空回りして抜けないので、取り外しも出来ません。
2017 4 s301 8

これもウチが手に入れた時からなんですが、
リヤフェンダーが割れちゃっています。
2017 4 s301 12

ラビットの運命とでも言いましょうか?
プラスチック部品は結構モロイんですよね。
フロアも結構・・・
2017 4 s301 14
2017 4 s301 15
バキバキです。

クラッチレバーの先端も折れています。
2017 4 s301 16

外装はイマイチですが、
2017 4 s301 17
エンジンの調子は良いです。
今の所特に不具合は有りません。
バッテリーも秋頃に新品に交換しましたので、
当分は心配ありません。

っとまぁ、全体的に外装に難が有りますが、
機関良好です。
もちろんセルも回ります。

混合給油がちょっと面倒かもしれませんが、
慣れれば大した事は有りません。
是非とも日本の成長を支えたバイクを乗ってみて下さい。
とても半世紀以上前のバイクとは思えませんよ。

オーナーさんからは特に希望金額は聞いていませんので、
ある程度の値段を付けて頂ければ、早く引き取ってくれる方に譲ります。
もちろん配達もします。
宜しくご検討下さい。

売れたらコメントでお知らせします。

ラビット S301 親子で引き継ぎ 其の四

納車前日、最終確認のつもりで30分ほどガンガン乗ってみたところ、
あれ?
何か漏れてきているんじゃないですか?
これはコックからじゃありません。
明らかにタンクの取り付けステー部分から漏れています。
s301 h28-7 15
s301 h28-7 16
この部分ですね。

何て事でしょう。
よりにもよって納車前日に・・・・はぁ、、、、
いや、納車してからオーナーさんに迷惑をかけるよりはいいでしょう。
折角引き取りに来る都合を付けて頂いたのに申し訳ないのですが、
オーナーさんに連絡を入れて納車を延期してもらいましょう。


患部がハッキリ解りましたので対策をします。
この漏れ方からしてそんなに大きな穴や亀裂ではありません。
対策案は3つ。
・内部をコーティング。
・タンクを交換。
・タンクステー部分の溶接やり直し。

どれが一番ベストな方法ですかねぇ~

コーティングは最終手段、あまり安易にやりたくありません。
タンクの交換は・・・新品は手に入りませんからね、
中古品のリスクが有ります。
そうなると溶接をやり直してもらうですかねぇ。
しかし、残念ながらウチにはあんな薄物を溶接する器具も技術も有りません。
外部に委託すると結構な金額になってしまいます。

なんとかウチだけで済ませられないものか・・・
ロウ付けなんてどうでしょうね?
そんなに大事でもありませんし、ダメ元でやってみましょう。
少々お高い原材料ですが、銀ロウを使って溶接部分に流し込んでみました。
s301 h28-7 17
金色の部分が流し込んだ銀ロウなんですが、
この後簡易的に塗装をしてしまうので、オーナーさんには解らなくなっちゃうんですよね。
でも、オーナーさんもこのブログを見て頂いているみたいなので、
証拠としてUPしておきます。

そして、再発防止の振動対策として・・・
s301 h28-7 18
s301 h28-7 19
タンクの乗っかる部分に緩衝材を取り付け。
どれだけ効果が有るか解りませんが、無いよりはマシ・・・っと思いたい。

今回は入念に試乗をしました。
それでも問題は有りませんでしたので、今度こそは大丈夫だと思います。
もしこれでも漏れて来るようなら、、、、またご相談下さい。
悪いようにはしませんので。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する