FC2ブログ

2020-04

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の壱拾六

2019 1 sg 19




やってもやらなくてもいいんですが、
コチラの心情としては、やりたい。
なぜならば・・・作業代金が入るから。
というのはもちろんありますが、
折角のキレイな車両なのに、スイッチのノブがもし割れてしまったら、、、、、
それだけで残念感がスゴイじゃないですか。
そこまでボロボロって訳では有りませんから、
ダメになるまで使い続けるという選択肢も有りますが、
オーナーさんの転勤先、
今までの様に1時間前後で行ける距離ではなくなってしまいますのでね。
そうなるともうウチが手掛ける事は無いでしょうから、
出来る事は今の内に。っと思う訳ですよ。

作り直すと言っても、やり方は色々有ります。
同じプラスチックで作るとすれば、
今なら3Dプリンターで作るのが楽。
便利な時代にはなりましたが、、、、いくら位かかるんでしょうね?
自分では出来ないので、試しに依頼してみるのも手ですが、
正直面白くない。

金属で作ると加工が大変。
一番有力なのが、木材で作るなんですが、う~~ん。。。。
これしかないよなぁ~。

2019 1 sg 100
出来る事なら、黒檀とか、柘植で作るのが固くて理想的なんですが、
値段がね、、、、、、、お手頃価格じゃないので断念。
ホームセンターで手に入る安い木材ですが、朴木を使おうと思います。

コレを半月状に切り出して、ヤスリで形を整え半分に切ります。
2019 1 sg 101
この後、彫刻刀で中を少し細工しないといけないんですが、
力を入れ過ぎて折角切り出した部品が割れてしまいました。
呆気無く第一弾は失敗。
小さい部品なので、整形作業も意外と大変だったんですが・・・・・

仕方ない、気を取り直して第二弾。
2019 1 sg 102
切り出し、整形、
2019 1 sg 103
半分にカット、カット面を整形、
今度こそは慎重に。
彫刻刀で金具の入る溝を掘ります。
2019 1 sg 104
よし!
ココまでは上手くいきました。
あとは留める為の小さなビス穴を開ければ加工は終わりなんですが、
コレが意外と曲者で、際どい所に開けないといけない為、割れてしまいそうで・・・
慎重に少しずつ・・・・・・・・

何とか無事に穴を開け、
金具を挟んで2枚を接着。
2019 1 sg 105
はみ出した接着剤を取り除き、一晩乾燥。
最終成型をしてスイッチBOXを取り付けます。
2019 1 sg 106
取り付けに際してちょいとトラブルも有りまして、
致し方ない後遺症も有りますが、使えない訳では無いのでOKとしましょう。
スイッチの具合は良好。
あとはニスを塗れば完璧。
しかし、、、、ニスと言っても色々有りますし、
オーナーさんの好みも有るでしょうから、
最後の仕上げはオーナーさんに譲りましょう。
一手間でも自分が関われば、愛着もいっそう沸くでしょう。

さて、一体工賃はいくらもらったら適正?


転勤してもウチを利用してもらえればありがたいですが、
「遠くの親戚よりもナンタラ」っていいますからね、
転勤先で良いバイク屋さんが見つかるのが一番。
まぁ、もうそんなにやる事は無いでしょうけど。
また何か機会が有りましたら、御贔屓に。
スポンサーサイト



メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の壱拾伍

2019 1 sg 19




一通りの修理は終わりましたので、
納車の日取りを・・・・・っと連絡したんですが、
お仕事の都合上お引越しをされると・・・・・・・

その準備の為、納車を少し待って欲しいという事で、
それは仕方有りませんので、お待ちしていたんですが、
その間の試乗で問題が出て来てしまいました。

懸念であった右のハンドルスイッチ、
セルボタンが効かなくなりました。
いや、完全に効かない訳では無いんです。
6割位の確率で効くんですが、
それも今の所ってだけで、これから悪化するのは目に見えています。

どうする?
何か流用できる中古品を見つけるか?
汎用のスタータースイッチを追加するか?
このままセルは使えないモノと思って、キックだけでやっていくか?



オーナーさんは変なスイッチを追加するのも嫌なので、
キックだけでも頑張ると言っていましたが、
諸事情が有って詳しくは書きませんでしたが、
あんなに苦労してセルを使えるようにしたのに!!
たかだかスイッチの問題であの苦労を水の泡にしてしまうなんて。。。。。。

そんなウチの我儘でちょっとゴネていましたら、
オーナーさんが中古のハンドルスイッチを見つけて来てくれました。
2019 1 sg 97
お~、何の車種用かは解りませんが、使えそうじゃないですか。
スイッチの導通テストをしてみても問題ありませんし、中身もしっかりしていそうです。
配線色が違いますので、それだけ取り換えてしまえばバッチリじゃないですか?
1つだけ懸念は、
2019 1 sg 98
ウィンカーのスイッチノブが、、、割れそうですね。
多分スグにどうこうって事は無いと思うんですが、
恐らくこのスイッチもそれなりに旧い物でしょう。
プラスチック部品の劣化は致し方ないか。

懸念の旨を含め、オーナーさんに使えそうな事を報告。
一応電装品の配線刷新という事でお金をすでに頂いているので、
今回の修理に関してはノーギャラ。
ただし・・・・・・・・ノブを作り直す場合は・・・・・それなりにお代を頂きます。
って事で作業OKを頂きました。

2019 1 sg 99
早速配線は新しくしたんですが、
ノブはどうしましょうか?

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の壱拾四

2019 1 sg 19




やるべき事は全部やりました。
試乗をしてみようと思います。

まぁ、大丈夫だとは思うんですが、まずは近場を走ってみます。



エンジンの調子、電装品共に問題無し。
大丈夫そうですね。
ではもう少し長めの試乗に出てみます。



山を越えて30分コースの試乗。
ついでに完成証明の画像も撮って来ましょう。
・・・・あれ?
山を越えてしばらく走ったところで突然のエンジン停止。
これは・・・・前回と同じですね。
ヒューズが切れてしまったみたいです。
丁度駐車場が有りましたので、片隅を少々借りてヘッドライトを開けてみます。

やっぱりヒューズが切れていました。
ちゃんと前回の失敗を踏まえて、今回は代えのヒューズを用意しています。
取り替えてみると、やっぱりスグに切れちゃいました。
ムムム・・・・
一体何処が原因なんでしょう?
配線関係は全部新しくしましたので、
配線がショートしている可能性は無い・・・・・と思いたい。
ですが、何処かがショートしている以外にヒューズが切れる事も無いでしょう。
適当に見当を付けたギボシを一つずつ外しては、ヒューズが切れないかどうか確認します。
こんな事も有ろうかと、普通のヒューズではなく、
再使用可能なヒューズを持って来ていて正解でした。



何度かそんな確認作業をしていると、ついにヒューズが切れなくなるギボシを発見。
よ~し、コイツか~。
一応念の為にもう一度ギボシを繋いで、本当にコイツが犯人か確認します。



切れない。。。

なに?これ。
また色々触っている間に、勝手に直ってしまったみたい。

あ~~失敗した。
折角原因究明のチャンスだったのに。
仕方ありません。
こうなったらもう再現は難しいので、とりあえず店に帰りましょう。
道中また再発するかもしれませんしね。

無事に帰れちゃいました。
困りましたねぇ~
う~ん、配線は問題無いと思いますし、
スイッチ関係もやりましたしね~。
そうなると電装品でやっていないのは・・・・・・
2019 1 sg 93
レギュレータですか。
コレは一切手を付けていないので、可能性は有るかもしれません。
ワタシの予想としては、、、接点が焼けて離れ難くなってしまったのではないかと。
2019 1 sg 94
調節用の稼働接点を磨いておいてみましょう。


きっとそれが良かったんでしょう。
その後、かなりの時間を割いて試乗をしてみましたが、
あれ以降一度もヒューズが切れる事は有りませんでした。
2019 1 sg 96
初期の入庫時から比べれば、エンジンの調子は良くなったんですが、
これから乗り続ける事を考えると、ちゃんとしたオーバーホールも考えておかないといけないでしょう。
今の所SGのリプロピストンは無いみたいですから、
流用出来そうな物を考えておかないといけませんね。

今回はこれにて納車させて頂きますが、
また何か有れば、ご連絡ください。

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の壱拾参

2019 1 sg 19




メインスイッチも気になっちゃうんです。
2019 1 sg 87
使用するには何の支障も無いんですが、
造ったメインハーネスと配線色が違っちゃうんですよ。
ここまでやっておいてねぇ~。
配線色が違っちゃうのは・・・・カッコ悪いでしょ?

ちょっと手間ですが、
2019 1 sg 88
裏の半田を溶かして、
2019 1 sg 89
旧い配線を取り除き、
ウチで考えた配線図通りの色の配線を取り付けます。
2019 1 sg 90

更に、
2019 1 sg 91
一度配線が解けた際に作り直しましたが、
その時は配線色を考えずに作ってしまいましたので、
メーター内インジケータの配線も再度作り直します。
2019 1 sg 92

こんな事をしてもあまり意味は無いんですが、
折角安くはないお金をかけて頂けますので、
出来る限りはやっておかないと・・・・・申し訳ないじゃないですか。
ワタシ自身やる事やらないと気分が悪いですし。

よし!
コレで電装系はやる事やりましたので、
もう心配は無いはずです。
試乗して終わりにしちゃいましょう。

思った以上に電装に時間がかかっちゃいましたが、
作業としては満足です。

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の壱拾弐

2019 1 sg 19




単なる配線交換だけなら手間なだけなんですが、
プラスチック部品の修理となると、、、、正直ちゃんと直る保証は出来ません。
動かさない部分ならまだしも、スイッチ金具のテンションがかかる部分ですからね。

まぁ、ダメ元で接着剤を使って破片を接着。
とりあえずは接着出来ましたので、押し込めてフタをしちゃいます。
2019 1 sg 83
このスイッチはセルモーターのスイッチなのですが、
導通テストをしてみます。



ダメだ、導通しません。
分解する前はセルが使えていたんですから、
分解した事によって使えなくなったのは明白。
何とかしなければ修理代が貰えないどころか、
ウチが新しいスイッチを買わなければなりません!
どうにか使えるように修理しなければ!!




試行錯誤の結果、今の所使える状態にはなりました。
今後長く持つかどうかは保証出来ませんが、
とりあえずは使えますので、長持ちする事を祈る以外に出来ません。
2019 1 sg 84

反対のスイッチ・・・・・正直もう止めようかとも思ったんですが、
片方だけ新しくするのもどうかと思いますので、
覚悟を決めて取り掛かります。
2019 1 sg 85
どうかプラスチック部品が無事でありますように。。。

幸い、左側のスイッチは特にトラブル無く、
2019 1 sg 86
通常通り、端子に新しい配線を半田付けして、
リフレッシュをする事が出来ました。

コレでハンドルスイッチはOK。
配線のリフレッシュはココまでにしておくか・・・・・・・・





イヤ、これだけでは納得出来ない!

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する