FC2ブログ

2019-01

メグロ SG 2段式入庫 其の壱拾六

2018 3 sg 15




まだまだやる事は有ります。
フロントフォークのオイル漏れ修理。
2018 3 sg 111
フロントタイヤを外し、
2018 3 sg 112
フェンダーも外したら片方ずつやっていきます。
ちょっと時間はかかりますが、
作業自体は大して難しいものではありません。
2018 3 sg 113
分解、洗浄したら、
2018 3 sg 114
このメッキのオイルシールケースにシールを叩き込んで、
2018 3 sg 115
大丈夫だとは思うんですが、
シールが傷まない様にインナーチューブにビニールを被せて組みます。
もう片方も同じ様に作業しましたが、
特にトラブルも面白い事も起きませんでした。

次に、これは別にやるまでも無いんですが、
オーナーさんが中古で手に入れたシートの取り付けベースを塗装して取り付けます。
元の物も使えない事は無いんですが、
ちょっとボロかった為と、「安く中古が入手出来たから」らしいです。

ココで問題。
2018 3 sg 116
2018 3 sg 117
オーナーさんはこのまま取り換えてくれればいいと言っていましたが、
えっ!
他の所はあんなにキレイなのに、コレはこのままでイイの?

まぁ、、、、オーナーさんがそう言うのなら、、、、そんなに見える場所ではありませんしね。。。


って訳にはいかないでしょう!!
剥離剤で塗装を剥がし、
2018 3 sg 118
しっかりと水洗い。
2018 3 sg 119
塗装に隠れていた錆が出て来ましたので、
サンドブラスト・・・・が有ればやるんですが、
残念ながら持っていませんので、サンドペーパーでサビ落し兼足付け。
2018 3 sg 120
しっかりと乾燥させてから塗装します。

2018 3 sg 121
2018 3 sg 122
本当は焼き付け塗装をしたいトコロですが、
普通のウレタン塗装で我慢。
これはウチの見栄でやっている事なので、
オーナーさんからお金は貰えませんから、
自分で出来る範囲の事しか出来ません。
スポンサーサイト

意外と少ない 希少車 YP1 其の四

2018 6 yp1 1




エンジンの調子は良くなった気がするんですが、
エキパイの付け根部分からポタポタと垂れるモノが・・・
2018 6 yp1 20
2サイクルなので多少は漏れて来るものですが、
ちょっと量が多いですかね?
ガスケットの交換とマフラーの掃除をしてみて、症状が緩和されるか試してみましょう。

外観上、マフラーの状態は良さそうなんですが、
インナーサイレンサーはちゃんと外れてくれるでしょうか?
2018 6 yp1 26
自作のインナーサイレンサー引っこ抜き工具を使って・・・・・・
意外と簡単に抜けました。
2018 6 yp1 27
これはまた夜のうちに焼いてカーボンを落としておきましょう。

どうしても気になるシフトのセレクターユニット、
2018 6 yp1 28
汚れが気になります。
こんなに汚れが詰まっていては、ちゃんとした動作が出来ないのでは?
そうは思うんですが、実害は・・・・・ありません。
ならばやる必要は無いんですが、
このまま納車するのは・・・・・・・・・・どうもね。。。

ドライブチェーンを交換するついででもありますが、
このユニットの掃除に関してはお金がもらえる作業ではありません。
が、
2018 6 yp1 29
分解してキレイに掃除。
別に何か変化が有る訳ではありませんが、
気持ちの問題です。

メグロ SG 2段式入庫 其の壱拾伍

2018 3 sg 15




今回注文した部品の中にハンドルが有った為、
結構大きな段ボールで送られてきましたので、
正直言ってかなりスペースを圧迫しています。
そんな訳も有り、付けられる物はさっさと取り付けてしまいましょう。
まずはそんなハンドルから。
2018 3 sg 96
今まで付いていたハンドルと比べるとこんな感じ。
2018 3 sg 97
下のハンドルが新しく交換する方です。
僅かな違いに見えますが、実際に取り付けると結構違いを感じます。

ハンドル自体の取り付けは簡単なんですが、
コイツの場合はハンドル内を配線が通ります。
その配線を通すのが厄介なんですよね。
交換する前のハンドルはその配線を通す穴が開いていなかった為、
2018 3 sg 101
2018 3 sg 102
前任者はスイッチBOXを加工して配線を出していたみたいです。
素人さんの作業だと思いますが、手抜き作業しましたね~

ワイヤー関係も全部交換します。
2018 3 sg 98
フロントブレーキワイヤー
アクセルワイヤー
クラッチワイヤー
まだ使えますが、何時のか解りませんので切れる前に交換。

ワイヤーの取り回しの為、ガソリンタンクを外します。
そして、タンクのクッションに使われている緩衝材もついでに交換。
2018 3 sg 103
2018 3 sg 104
もうウレタンがボロボロになっていましたので、いい機会でしょう。

ウィンカーも「ヨシカワオート」さんが出しているSGのリプロウィンカーに交換します。
結構なお値段はしますが、良い感じにはなりますね。
リヤから交換していきましょう。
2018 3 sg 107
・・・・・・意外と面倒でした。
タイヤとフェンダーの隙間が意外と狭くて、
出来る人なら出来るんでしょうが、ワタシはこのままでは狭過ぎて作業出来ませんでした。
ですからリヤタイヤを外して、テール台の中に配線がまとまっているので、
テール台も外して作業しました。
それに、ウィンカーに付いていた配線が細く、
ギボシをカシメても甘くて外れそうだったので、
2018 3 sg 108
2018 3 sg 109
念の為に半田を流して固めておきました。
これで簡単に外れる事は無いでしょう。
2018 3 sg 110
苦労した甲斐は有りまして、イイ感じじゃないですか。
フロントは特に問題無く取り付け出来ました。
以前同じ物を取り付けた時は、ウィンカーの足部分が短くて、
独自に足を延長しなければいけませんでしたが、
今回はその延長する足も付属していましたので、何も問題は有りませんでした。
流石「ヨシカワオート」さんですね、しっかりと対策をされています。

意外と少ない 希少車 YP1 其の参

2018 6 yp1 1




やったね!
無事にエンジンかかりました。
初めの内は安定しなくてイマイチな感じでしたが、
エンジンが暖まって来ると落ち着きまして、
安定してアイドリングするようになりました。
2018 6 yp1 15

このままでも大丈夫かもしれませんが、
やる事はやっておかないと気持ちが悪いので・・・・
ポイントの清掃、調整をします。
ポイントの入っている左のケースカバーを開けると、
2018 6 yp1 16
2018 6 yp1 17
一体何処を走っていたんでしょうね?
って思う位に土が詰まっています。
ポイントをやる前に、まずはこの土を掘り返して取り除きましょう。

旧い車両をやっていると、結構な割合でこういった事が有ります。
その車両の経緯は解りませんが、当時の道路状況が悪かった証なのでは?
何て思っちゃいますね。

点火時期の合わせマークはココですね。
2018 6 yp1 18
・・・・・・・これって???
今はケースカバーを外しているので解りますが、
カバーを付けちゃったら見えなくないですか?
メクラブタを外しても全く意味ないし。。。

まぁ、一回ちゃんと合わせてしまえば、そうそうズレる物でも有りませんから、
これでしっかりと合わせればいいのかな?
2018 6 yp1 19
フライホイールは手持ちのプーラーで簡単に外れました。
毎度毎度苦労させられる部分ですからね、
2018 6 yp1 21
安堵半分、物足りなさ半分。

2018 6 yp1 22
ポイント磨き。
2018 6 yp1 23
まぁこんなモンでしょう。
しっかりとグリスUPと脱脂、調整をして、
点火時期ピッタリ、完璧です。

心なしかエンジンの調子も更に良くなった気がします。

メグロ SG 2段式入庫 其の壱拾四

2018 3 sg 15




一仕事終わったので気まぐれにエンジンをかけてみたら、
何だか調子が悪い・・・
作業前はバッチリって訳ではないんですが、
ココまで調子は悪くなかったのになぁ~
って事は、交換した部品の具合が良くなかったって事?
オーバーホールキットを組んでから初エンジン始動ですからね。
それならば、何が悪いのか?
交換した部品を1つ1つ元に戻していけば、何が悪かったのか解るはず。



????
おかしいな、解決しよらへん。。


こうなると、交換した部品以外に原因が有ったって事ですね。
それも症状が出たり出なかったりすると・・・・・・
これはイケナイ所にハマってしまったか?

・・・・・・・・・ちょっと考えまして、
ココがちょっと怪しくない?
2018 3 sg 81
キャブのトップキャップ部分なんですが、
しっかりと締め込んでもカタカタいってるんですよね。
他の車種とかだと、このキャップ部分にはゴムのシールが付いているんですが、
このSGにはそういった物は付いていません。
2018 3 sg 82
2018 3 sg 83
ここから2次空気を吸うのでは?
モノは試し、時間はかかりますが、特に部品代がかかる訳ではありませんので、
2018 3 sg 84
2018 3 sg 85
ガスケットシートを上手くハマる様に切り出して、これでシールしてみましょう。

う~~~~ん、多少はマシになったか?
期待していたような解決にはなりませんでしたが、
注文していた部品が届いちゃいましたので、
そちらをやってから改めてキャブのセッティングをやりましょう。

イイトコ突いたと思ったんやけどなぁ~

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する