FC2ブログ

2020-09

ホンダ C92からCS92へ 其の伍拾八

2018 12 c92 2





さて、コレで取り付けるべき物は取り付けた訳ですが、
ガソリンタンク、新品で給油口にフタもしてあったんですが、
一度少量のガソリンで洗っておきたいですよね。
今頃!?
っという批判はごもっとも!!
早く組んでしまいたい気持ちに負けて、そこまで気が回っていませんでした。

一度そんな事を思ってしまうと、
「まぁ・・・いいか?」
とは思えず、魚の小骨が喉に刺さったままの様な違和感。
こんなままでは精神衛生上宜しくない。
ちょっと逆戻りしてしまいますが、
もう一度タンクを外して、軽く内部を濯ぎます。
2018 12 c92 381
ついでに別タンクでエンジンをかけておきます。
多分問題は無いと思うんですが、
エンジンを組み直してから初のエンジン始動です。



相変わらず何も梃子摺る事なくエンジン始動。
調子も良さそうなので一安心。

タンク、シートを再度取り付けて、
エンジンを始動し灯火類、充電の点検。
・・・・・OKです。何の問題も有りません。

チラッと試乗もして来ましたが、大丈夫そうです。
オーナーさんに連絡して、納車の段取りを進めます。
え・・・・はい。
まぁ・・・確かにそうですが・・・・・・・
解りました、やっておきます。


フロントタイヤの交換が追加されました。
確かに、取り付けた時は何ともなかったんですが、
空気を入れてしばらく置いておくと、
2018 12 c92 393
2018 12 c92 394
ご覧の様に徐々にひび割れていきまして・・・・・・・
やっぱりいくら新品でも、使われないまま長期間保管されていたらこうなりますよね。

このままの状態で走行するのは確かに危険だと思います。
・・・・・走るんならね。
ココまでやっておいて何ですが、このオーナーさん乗らないんですよ。
以前にも何台か修理して納車した事が有るんですが、
どれも大して乗らないし、その内の一台は車検まで取ったのに一度も乗っていないまま、
とうとう売りに出してしまいました。

否定する方は多いと思いますが、
楽しみ方は人それぞれ、修理した立場としては乗ってもらいたいですが、
『床の間バイク』にするのも自由です。
ただ、それならタイヤはコレでも良くない?

まぁ、工賃はしっかり払って頂けるので、ウチとしては有難い限りなんですけど。
スポンサーサイト



TX650 再入庫で再エンジン 其の六

2019 12 tx650 1





本来でしたら、このままスポークを張り出してしまってイイのですが、
今回は・・・・今回も?・・・かな。
ハブをブラストでキレイにします。
2019 12 tx650 32
2019 12 tx650 33
そのままでも悪くは無いと思いますが、
よりキレイになるのであればやっておきましょう。
・・・・・なんて、、、実は当初オーナーさんは、
違う業者さんにスポーク張りをお願いしようとしていたんですよ。
ウチとしては全く構わないんですが、
それって手間でしょ?
エンジンをやる為にウチに車両を預け、
その後、スポークをやる為に他の業者に預ける。
ウチでエンジンをやっている間に、
両輪を外して張替えの業者さんに持ち込む。
っていうのも無くは無いですが、
動かせない車両を抱えるのは色々とウチにとってリスクが高い!

「そんな事だったらウチでまとめてやりますよ?」
そう提案したんですが、
工賃的には予定していた業者さんの方が安い。
工賃の値引きをしてまで受注したい訳では無いので、
・・・・・・・ならば、ウチはハブをブラストでキレイにします!!
もちろん、ブラスト代も頂きますけど。


付加価値を付けたプレゼンが功を奏したのかは解りませんが、
そういう経緯で受注しましたので、やらない訳にはいかないんですよ。
まぁ、ワタシ自身やらないと気が済まないんですけどね。

2019 12 tx650 35
2019 12 tx650 36
コレだけキレイになれば十分でしょう。
手間と時間はかかりましたが、これで心置きなくスポークを組めます。
スポークを組むのは簡単とは言えませんが、
時間をかければ誰でも組めます。
黙々と組んでいると・・・・・・アレ?
妙なスポークが一本。。。。
曲がっとるやん!
不良品!!
曲げ直して使えるかな~
もしかしてと思い、スポークの数を数えてみると、
1~2本多いな、、、、よかった。
予備を入れておいてくれたんでしょうか?
何はともあれ助かりました。

っっって喜んだのも束の間、
内掛けの束の中に外掛けが混ざっていたりもしました。

流石海外クオリティーですね。
何とか無事に組めたので良かったですが、
色々やる前に部品のチェックは基本でしたね。
最近は海外部品も良くなって来ていたので、気が弛んでいました。
アブナイアブナイ。

ホンダ C92からCS92へ 其の伍拾六

2018 12 c92 2





バッテリー。
どうしましょう?
以前からお知らせしている通り、
ウチが取引している部品屋さんが、バッテリーの取り扱いを辞めてしまった為、
一般の方と同じ方法でしか入手出来ません。
そうなると、金銭的なメリットは無くなりますので、
海外製だろうが、国産だろうがどちらでも・・・・・
いや、出来る事なら国産にしてほしいですよ。
その方が安心ですし、何か有っても対応出来ますので。
ただ、
金額の差がココまで広がってしまうと、
国産をそこまで推すのは難しい。
国産1個買う値段で、海外製を2~3個買えますからね。


オナーさんと相談の結果、、、、、海外製で。
ですよねぇ~

バッテリーを収めるまで閉じられなかった右のサイドカバー、
やっと閉める事が出来たんですが、何かおかしい。
2018 12 c92 382
上下の合わせが上手くいっていない!
2018 12 c92 383
反対側は何の問題も無かったのですが、
コッチは明らかにおかしいです。

原因は簡単。
「造りの甘さ」
裏側の合わせ面を比べてみましょう。
2018 12 c92 384
こちらが正常な噛み合わせ。
上のカバーが雌で、
下のカバーが雄の様な関係で、サクッと刺さるように噛み合います。

ところが、問題の部分。
2018 12 c92 385
下側カバーの方が大きくて、このままでは絶対に噛み合いません。
ココまで違うと、何も加工無しでとはいきません。
2018 12 c92 386
この余分な部分をカット。
2018 12 c92 387
コレで無事に噛み合うようになりましたが、
全体的な大きさはどうにもなりません。
まぁ、この位の違いですから、、、ソコは大目に見てもらいましょう。

TX650 再入庫で再エンジン 其の伍

2019 12 tx650 1





腰上は内燃機屋さんに出しましたし、
腰下の確認、セルモータのチェックも終わりました。
次の作業に取り掛かる為に、
残ったエンジンの腰下を作業場の隅に移動させて、作業台を空けます。
そして作業台に乗せるのは・・・・抜け殻の車体。
2019 12 tx650 25
これからやるのは、
2019 12 tx650 26
2019 12 tx650 27
タイヤ交換とスポーク交換。
スポークは、オーナーさんが用意してくれたステンレスの物。
タイヤは・・・・ウチで用意してもイイと言われたんですが、
正直な話、ネットで買ってウチに送ってもらえば、それが一番安いんですよね。
何せ、ネットで出ている値段が、
部品屋さんから取る時のウチの入り値ですから・・・・・・

値段ではとても敵いません。
ウチがタイヤを用意するメリットとしては、
廃タイヤをウチで処分出来る事位。
ウチで仕入れたモノじゃないと処分まで面倒見れませんので。

その辺りを説明させてもらいまして、
どうするかはオーナーさんに委ねました。
結果、
オーナーさんはネットで買う方を選ばれたようなので、
廃タイヤはちゃんと持ち帰って下さいね。
で、選んだタイヤがコレ。
2019 12 tx650 28
ブリヂストンのACCOLADE。
安いタイヤでは有りませんが、
その分、総合性能では申し分無いでしょう。
かなり距離を乗るオーナーさんなので、
長持ちするのが一番だと言っていましたが、
SRの純正にも使われているタイヤですので、
スグに減ってしまう事も無いでしょう。

では、後輪からやっていきます。
2019 12 tx650 29
見た感じ、そんなにダメな感じはしなかったんですが、
タイヤを外し、スポークを緩めようとすると・・・・

・・
・・・一本も緩まない。。。
2019 12 tx650 30
2019 12 tx650 31
致し方ありません。
サンダーで切っちゃいましょう。
新品部品は用意されているんですから、
こんな所で手間取っていないで、サクサクッと進めましょう。

いままでもサンダーで切断という場合は有りましたが、
一本も緩まず全部切断何て、そうそう有りません。
見た目だけじゃ解らないですね。


委託販売 スズキ GN125 

昨日に引き続き、委託販売です。
スズキ GN125 
詳しい年式は解りませんが、生産が外国に移った時の車両なので、
そんなに旧い物ではありません。
2020 9 GN 1

ちょっと乗らない期間が有ったとの事で、
しばらく不動だったのですが、
今回の委託販売の為に、動くようにしてくれました。
2020 9 GN 2

そして、そのまま近県からとはいえ、
自走でウチまで来て車両を預けてくれました。
コレだけ走って来て問題無いのですから、
とりあえず走る事に関しては問題無いと思われます。
2020 9 GN 3

オーナーさんも中古で購入したそうなので、
実走距離は正直解りませんが、
メーターの上では、
2020 9 GN 5
こんな感じです。
2020 9 GN 4
外観も磨いてくれたみたいなので、
十分キレイな状態だと思います。

タンク内にちょっと・・・
2020 9 GN 6
錆も見受けられますが、
見える範囲では軽度なモノだと思います。

1つ明らかな欠点は、
2020 9 GN 7
フロントフォークのオイル漏れ。
コレがちょっとダメですね。
海外生産品という事で、メッキの質が悪いのか?
下地が悪いのか?
インナーチューブのメッキが剥がれかけていますので、
単なるシールの交換だけでは、スグにまた漏れて来そうです。

販売価格ですが、¥50,000
この状態ならまぁまぁお買い得だと思います。
近所の下駄代わりにいかがでしょうか? 

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する