FC2ブログ

2019-11

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の六

2019 1 sg 19




なんでこんなに簡単に抜けてしまったんでしょう?
2019 1 sg 36
裏側にはちゃんと回り止めは施してあるんですが、
全然効いてないですよね。
今度はしっかりと効果の有る回り止めを施したい所ですが、
ネジロックを併用して、同じ様にポンチを打つ程度しか出来ないですね。
別に壊れない限り取り外す必要も無いので、溶接も考えましたが、
絶対に歪みますし、鋳物ですからね。。。

まずはネジとネジ穴の修正をします。
2019 1 sg 37
2019 1 sg 38
その後、しっかりと締まったナットを取り外し、
高強度のネジロックを用意してクラッチの出来上がりを待ちます。

依頼を出してから1~2週間。
2019 1 sg 39
戻って参りました。
さぁ、これを・・・・・ってのはまだ早い。
本格的に組み込むのはもう一手間かけてからです。

面倒ですが、一度仮組みします。
2019 1 sg 41
ナットをグルっとワイヤリングしたいので、
ワイヤーを上手く回せるように印を付けます。
スタッドとナットも合わせマークを打って、
同じスタッドに同じナットを締められるようにしておきます。

このブログで何度か紹介しましたので、知っている方も多いと思いますが、
2019 1 sg 42
この工具がなかなか便利。
ナットにワイヤリングの穴を開け易くする工具です。
2019 1 sg 43
ドリルで穴を開けた後、ヤスリで最後を整えて、
新しいクラッチ板にオイルを含ませてから本組みします。
最後にワイヤリングをして、
2019 1 sg 44
・・・・・・・4つまとめなくても良かったかな?
まぁ、いいでしょう。
コレで緩む可能性は低くなったでしょうし。
ケースの蓋もして、オイルは液体ガスケットが乾いてから入れましょう。
スポンサーサイト



バンバン90 お買い得!! 其の八

2019 2 RV90 1



ホイール部分はこれで良しとして、塗料の乾燥を待ちます。
次はハブとブレーキパネル部分です。
2019 2 RV90 39 2019 2 RV90 40
2019 2 RV90 41 2019 2 RV90 42
2019 2 RV90 43

コレは塗装をする訳ではありませんので、
粗いメディアでやる訳にはいかないでしょう。
昔仕入れていたガラスビーズという細かいメディアを使ってみようと思います。
サンドブラスト内のメディアを入れ替えて、
これも時間をかけて、、、(1日以上かかったと思います)ブラストしました。
ホント、こんな調子では、ブラストをやればやる程損にしかならないですね。

苦労してブラスト作業をした結果、
IMG_8202.jpg IMG_8203.jpg
IMG_8204.jpg IMG_8205.jpg
う~ん、何もしないよりはマシか。
出来ればもっとキレイにしたかったんですが、これ以上の時間はかけられません。

2日位は放置しましたので、ホイールの塗装はしっかりと乾きました。
IMG_8206.jpg
IMG_8207.jpg
ちょっと塗りムラは出ちゃいましたが、仕上がりはまぁまぁでしょう。

新しいタイヤをハメて、
ホイールを組み直し、
IMG_8208.jpg
ブレーキも新しい物に交換。
これで足周りは完璧!

組み上げたホイールを取り付ける前に、
IMG_8209.jpg
スウィングアーム周りも掃除しておきましょう。
ホイールを付けてからでは掃除し難いですからね。
出来る事は今の内に。

キレイにしたホイールを取り付けました。
IMG_8210.jpg
IMG_8211.jpg
ウンウン苦労した甲斐が有ります。
が、これは苦労した本人だからそう思うだけなのか?
新オーナーさんからしたら、以前とそんなに大差無いと思うかも?

そんな事を思っちゃう弱気を振り切って、
試乗してみようと思います。



何度か試乗してみましたが、特に不具合は有りません。
メーターが正しいとすれば2万キロ走っている事になるんですが、
エンジンの調子もクラッチの具合も今の所大丈夫そうです。
月末も迫っていますし、納車しちゃいましょう。

納車前日、最後の試乗をしていつもの作業完了写真を撮ろうと思っていたんですが、
・・・・・・・・・撮るの忘れました。

調子はマズマズだと思いますので、新オーナーさんにはガンガン乗ってもらい、
またウチでお金を落としていってくれる事を希望します。

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の伍

2019 1 sg 19




それではクラッチの分解です。
分解自体は何も難しい事は有りませんでしたが、
嫌な予感的中。
といいますか、やっぱり思った通りになりました。
なんでウチがやるSGってみんなこうなるんですかねぇ~

先にクラッチ板の方を見てみましょう。
2019 1 sg 30
あんなズルズルに滑っていましたので、
何かしら異常事態になっているだろうとは思っていましたが、
2019 1 sg 32
2019 1 sg 31
やっぱり摩擦材が一部剥がれていました。
こんな事になっていなくても念の為に張替えに出す予定でしたが、
これで張替えに出す大義名分が出来ました。
いつも通り「目黒ライニング」さんに出します。

張替え中も作業は有ります。
ガスケットを作成しないといけません。
2019 1 sg 33
まぁこんなもんでしょう。
張り付いて残っていたガスケットも奇麗に除去して、
この作業は終了。

もう一つ。
先に書いていた「ウチがやるSGってみんなこうなる」ってヤツですが、
2019 1 sg 34
スタッドが全部抜けちゃったんですよね。
本来ならば、スタッドには回り止めがしてあるはずなので、
2019 1 sg 35
スタッドは抜けずにナット部分だけが外れる予定なんですけど。。。
これを直して対策を施します。

バンバン90 お買い得!! 其の七

2019 2 RV90 1



塗装を落とし終わったら、いよいよブラスト作業です。
このサンドブラストを買ってから初めて使いますので、
まずはセッティングから・・・・
そんなの事前にやっとけよって声はごもっともなんですが、
色々と他に優先する事が有りまして、
「また今度」「また今度」を繰り返して現在に至ります。。。。
そうなると・・・・やっぱり後悔する羽目になるんです。
エアホースの接続が上手くいきません。
カプラーを買い足さないと繋げないみたいなので、
仕方ない、時間のロスですが、この後もまとまってブラスト作業案件が有りますので、
早目にホームセンターに買いに行きます。

このクラスのサンドブラストに多くを求めるのも何ですが、
付属のカプラーを使うとエアが漏れ漏れですね。
今回はこのまま使いますが、そのうち付属品だったカプラーは交換しましょう。


さぁ、やっとブラスト作業です。







いや~、思った以上に時間がかかります。
使用したメディアは一番粗い物にしたんですが、
それでもメッチャ時間がかかりました。
とてもじゃないですが、割に合いませんね。
これはコンプレッサーをもっと強力な物にしたら改善するんでしょうか?
2019 2 RV90 37
2019 2 RV90 38
時間をかけた割には・・・・・まぁ、塗装の下地としては及第点でしょう。

ホイールはコレで良しとしておいて、
塗装をしちゃいましょう。
IMG_8201.jpg
ホイールを4つ吊るして一気に塗ります。
丁度いつ仕入れたのか解らないシルバーの塗料が有ったので、
コレで塗ります。
黒で塗ってしまう事も考えたんですが、今回は純正の通りにしておきましょう。
2液ウレタンなので、主剤と溶剤、硬化剤をセオリー通りに配合したんですが、
????????
何かいつもと違う感じ。

不安に思いつつも、試し塗り。
・・・・・・・・これは何か違う。
通常の状態よりも塗料がシャバシャバなんですよ。
いつもならもっとトロ味が有るんですが、、、
配合を間違えたか?
もしくは、主剤、硬化剤共に結構古い物なので、変質してしまったのか?
いや、そんな事有るの?

原因は解りませんが、このままでは塗れる状態ではありません。
もう一度塗料を作り直す。
それでもダメなら主剤と硬化剤を新しい物にしてみる。
更にそれでもダメなら配合を変えてみる。
理想はこんな段階を踏んでいきたいんですが、
色々とそんな余裕は有りません。

試しに配合を変えてみましょう。
・・・余り期待はしていませんでしたが、意外とイイ感じの塗料が出来上がりました。
試しに塗ってみてもいつも通りの感じ。
ちょっと余裕が無いので、コレでやってみましょうか。
ダメだったらまたその時で。

メグロ SG 軽修理のハズ・・・ 其の四

2019 1 sg 19




ヘトヘトになりながら店に帰り着き、
焼けた配線の状況を確認。
メーター内のインジケータランプの配線が焼けているようです。
って事はショートの原因もこの辺りか?
そんな予想をしつつ配線を張り替えます。

配線の張り替えが終わったら、
ヒューズを取り付けてもう一度テストしてみます。
張り替えする為に色々とイジリましたので、
症状が再発するかどうか?心配しましたが、
無事に再発。
ヒューズが切れました。
コレで原因究明が出来ます。



色々と調べた結果、
〈トップギヤインジケーターランプの線の何処かがショートしている〉
という所までは解ったんですけど、
そこまで解った時点で・・・・・・・急に直っちゃいまして、
その後何をやっても症状を再現する事が出来なくなってしまいました。

う~~~~ん。。。。

原因究明まであと一歩だったというのに。
何とも口惜しい。
思い切って前回と同じルートで試乗もしてみましたが、
それでも再現出来ません。
参ったなぁ~
このまま納車はしたくないんですが、症状が再現出来ない事には打つ手が有りません。

仕方ない、
オーナーさんに連絡して現状を話し、どうするか決めてもらいましょう。
クラッチの件も有りますしね。


オーナーさんとの話し合いの結果、
追加作業頂きました!
クラッチの張り替えと、メインハーネスの作成交換です。
あと、コレはワタシの我儘部分が大きいのですが、
以前から気になっていたエンジンを一度開けてみようと思っています。

では早速、クラッチから行ってみましょう。
2019 1 sg 28
張り替えには時間がかかりますからね。
今回クラッチをやろうと思ったのには、スベり始めたからというのが大きいのですが、
もう一つ理由が有ります。
SGって・・・・クラッチのスタッドが弛み易いんですよね。
対策をしておかないとこの先不安で、、、
2019 1 sg 29
幸い、このクラッチはまだその辺は大丈夫みたいですけど、
一手間で安心が増すのなら、やらない手は無いでしょう。

ちょっと長くなったので続きは次回。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する